ホーム > くらし・手続き > 上下水道 > 水道 > 水道水が届くまで「多賀城水道24時」

ここから本文です。

更新日:2015年9月24日

水道水が届くまで「多賀城水道24時」

多賀城市が安心安全な水をお届けするために取り組んでいる事業について、ある1日の流れを追いながらご紹介します。

5時00分ちが目覚めるころ

末の松山浄水場からの景色まちが動き出すより少し早い時間。
末の松山浄水場では、洗顔、朝食の準備、トイレなど、一日の生活を始めるために必要な水が、皆さんのもとへ確実に届くよう、水量と水圧を監視し調整しています。

 

 

 

 

安全な水が届くまで

日常生活に欠かせない「水道」。
いつでも必要なときに必要なだけ水を使うことができるよう、水道は24時間休まず動き続けます。
多賀城市の水の約98パーセントは、県内17市町が受水している宮城県仙南・仙塩広域水道及び仙台市からの分水(有料による受水)でまかなっています。
主な水源となるダムは「七ヶ宿ダム」と「釜房ダム」で、そこから水をきれいにする「浄水場」、水の圧力を調節する「配水池」へ送られ、皆さんのもとへ供給されています。

水の流れ

8時30分賀城市水道お客さまセンターの一日が始まる

お客さまセンター窓口のようす「おはようございます」「いらっしゃいませ」
上水道部庁舎の1階に開設された多賀城市水道お客さまセンターに、元気な挨拶が響きます。
お客さまセンターの業務を担うのは株式会社宅配の皆さん。
多賀城市ではお客様へのサービス水準の維持向上と、水道事業経営の効率化を図るため、平成27年4月1日から窓口業務をはじめとした水道料金などの徴収業務を株式会社宅配に委託しています。

 

 11時00分確かつ迅速に道メーター検針

ハンディターミナルハンディターミナルを手にした検針員が、皆さんのお宅の水道メーターを確認しています。
多賀城市では毎月5日から10日まで、18人の検針員が約22,500箇所の水道メーター検針を行っています。
検針の際は、水量が前月に比べ急激に増加していたり、漏水の疑いがある場合にはお声掛けをして、異常がないか確認しています。
メーターボックスの上に物や車などは置かないようにご協力をお願いします。

 

 

検針のようす

正確さを第一に、責任を持って
株式会社宅配(検針業務)上さん
水道メーター検針でお客様の敷地内に入る時は、大きな声で「水道です」と、はっきりお伝えしてから立ち入るようにしています。
雪の日など天候によっては検針が困難な時もありますが、自分の目で確かめた数値でお客様への請求額が決まるということを認識し、責任感を持って取り組んでいます。

※検針員がお渡しする「水道使用量などのお知らせ」の見かたなどは、「水道メーターの検針について」のページをご覧ください。

12時00分の圧力を調節するの山配水池(あまのやまはいすいち)

天の山配水池は標高約35メートルの高台に設置され、その高低差を利用して水を送る施設です。
多賀城市の配水池は、笠神の多賀城高等学校近くにある「天の山配水池」、市川の陸奥総社宮の近くにある「市川配水池」と、利府町森郷に設置されている「森郷配水池」の3箇所です。
配水池から送り出された水は、水道管を通り、皆さんのご家庭のじゃ口から出てくるのです。

天の山配水池

天の山配水池全景

天の山配水池

天の山配水池屋上から

15時00分や濁りもチェックゃ口の水を毎日検査

残留塩素検査あるお宅のじゃ口で、水質検査の採水作業が行われています。
浄水場から送られた水が皆さんのお宅のじゃ口に届くまでの間も、きちんと水質が保たれているか、市内15箇所で毎日検査しています。作業は多賀城市管工事業協同組合が受託しており、色や濁り、残留塩素などを検査しています。

 



残留塩素検査地域の皆さんとのつながりを大切に
多賀城市管工事業協同組合木さん
毎日市内で検査をしていますので、地域の皆さんにお会いしたときは必ずあいさつするよう心がけています。
顔の見える関係性は仕事をする上で、とても大切なことですからね。

22時00分音で漏水を見極める

漏水調査夜間、人どおりや車の交通量が少なくなった時間帯。
耳にヘッドフォン、細長い棒を片手に夜のまちへ出向く人たちがいます。漏水調査の皆さんです。
多賀城市では年に一度、市内の漏水調査を実施しています。これは水道管の漏水個所を発見し、道路陥没などによる事故防止や、早期に修理することで水資源を有効に活用するために行うものです。
漏水調査は市が指定した業者が実施します。対象となる地区には事前にチラシなどでその期間をお知らせします。
調査方法は、特殊な機材を使い水道管などの水音を聞き、その音が漏水かどうかを聞き分け判断します。まさに職人技です。
特に道路の水道管などの調査は交通量、水道使用量の少ない夜間に行うため、近隣住民の皆さんのご迷惑にならないよう慎重に作業をしています。

24時00分らぬ水の番人の松山浄水場

深夜。まちが眠りにつく頃も、末の松山浄水場は休むことなく稼働しています。
日中に比べ使用量が減る深夜帯も、その状況にあわせて水量と水圧の調整を行っています。

末の松山浄水場とは

末の松山浄水場(施設全体)八幡地区にある「末の松山」は有名な歌枕。その小高い丘陵地に末の松山浄水場はあります。
浄水場は原水を浄化・消毒し、きれいな水をつくる施設です。
市内にある浄水場は末の松山浄水場1カ所で、本市の自己水源である仙台市岡田地区(4つの井戸)から届く水をきれいにします。その後、仙台市からの分水(有料で受水している水)と合わせて水量を調整し市内へ送っています。(仙台市からの水は茂庭浄水場などで浄水されたものです。)


末の松山浄水場は、平成22年度から施設の維持管理などの効率化と経営の合理化を図るため、運転管理などを包括委託しています。現在は、株式会社日立製作所がその業務を担っています。

監視体制は24時間

市内の水道施設の監視・制御は中央監視システムで行い、配水量の急激な変化や水質の異常などがあった場合には、現場調査などを実施します。
更に、水道施設内のセキュリティ設備などにより侵入者を検知した場合、警察や警備会社へ連絡することとしています。
このように、末の松山浄水場では安心・安全な水をお届けするために24時間休まず監視を続けています。

末の松山浄水場夜間のようす 末の松山浄水場夜間のようす

徹底した水質管理

岡田集水場に集められた原水は、浄水工程によってきれいな水となり、飲み水として利用できるようになります。

浄水までの工程

  1. 着水井(ちゃくすいせい)
    水(原水)が浄水場に最初に到着するところです。ここではきれいにする水の量を調節し、塩素を入れ消毒します。
  2. 薬品混和池(やくひんこんわち)
    水中の不純物などを互いにくっつきやすくする「ポリ塩化アルミニウム」という薬品を水の中に入れて良くかき混ぜます。
  3. フロック形成池
    お互いにくっつき合い、大きくなった不純物をさらに大きくします。
  4. 沈澱池
    狭い土地面積の中で、短い時間で水とゴミに分け、ゴミを池の底に沈めます。
  5. 加圧式急速ろ過器
    沈澱池で沈まなかった小さなゴミや細菌を取り除きます。この中には特殊な砂がしきつめられています。
  6. 浄水池
    飲める状態となったきれいな水は、この池で一旦ためておき、配水池へ送る水の量を調節しています。

末の松山浄水場 末の松山浄水場

また、1から6までの工程の中で水質検査も行っています。
水質検査は水道法により検査を義務付けられている水質基準について、51項目の検査を実施しています。

 

水質基準項目

項目内容

項目数
人の健康に関する項目(例:大腸菌やカドミウムおよびその化合物など) 31項目
生活用水の利用に関する項目など(例:色、濁り、においや鉄およびその化合物など) 21項目

 

末の松山浄水場 末の松山浄水場

 

末の松山浄水場命に関わる仕事だということを意識して
株式会社日立製作所井さん
水道の仕事というものは、人の生命に直接関わる仕事になります。
そのため、毎日24時間、安心・安全な水を供給する使命感を持ち、スタッフ全員が取り組んでいます。また、未曽有の災害となった東日本大震災を直接経験したこともあり、震災前以上に高い危機意識を持ち、不測の事態が発生した際には「その時何をしなければならないのか」を意識し業務にあたっています。

よくある質問

お問い合わせ

上水道部管理課業務係(水道お客さまセンター)

宮城県多賀城市中央二丁目25番7号

電話番号:022-368-3111

ファクス:022-368-3114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?