ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 各種計画・方針 > 地域福祉計画 > 第二期健康たがじょう21プラン

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

第二期健康たがじょう21プラン

多賀城市健康増進計画

この計画は健康増進法に基づき、市民の健康づくりの行動指針として策定したものです。

計画の期間は、第一期は平成18年度から22年度までの5か年計画で実施しました。第二期は第一期の評価をもとに、平成23年度を初年度とし、平成27年度を目標年度とする5か年計画ですが、平成23年度は震災対応に重点を置いた計画を余儀なくされたことから、今後は国や県の動向を勘案しながら、必要に応じて見直しを行います。

計画策定の趣旨

高齢化の進展とともに市民の疾病全体に占める高血圧性疾患や心疾患、糖尿病などの生活習慣病の割合が増加し、これらに起因した認知症や寝たきり等の要介護者も増加傾向にあります。また、市民の死因別割合では、悪性新生物(がん)による死亡が第一位で全死亡の3割以上、三大死因(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患をいい、全国の死因の1位から3位を占めています。)による死亡の割合が6割以上を占める状況となっています。

このような状況の中、本市では健康づくりの取り組みとして、子どもの頃から生活習慣病等を予防し、心身共に自立した状態で生活できる期間を延伸するための行動指針として多賀城市健康増進計画「健康たがじょう21プラン」を平成18年3月に策定し、同年4月から各種の健康づくり施策を展開してきました。

同計画については、平成20年度に中間評価を行い、また、平成22年度に最終評価を行ったところ、49の目標項目のうち約8割に当たる37の項目で改善がみられ、計画当初と比べて生活習慣の改善が図られています。しかし、「野菜を毎食食べる人」や「運動を習慣化している人」の減少及び糖代謝の有所見者の増加等がみられ、市民の健康状態や生活習慣は必ずしも望ましいとはいえない現状です。

また、新たな課題としてうつや自殺などのこころの問題や受動喫煙対策などへの対応が必要となっています。

これらの現状や課題を踏まえ、市民が知識や技術を学び、自らが主体的に取り組む健康づくりの行動指針として多賀城市健康増進計画「第二期健康たがじょう21プラン」を策定するものです。

震災に伴う変化

東日本大震災(平成23年3月11日発生した東北地方太平洋沖地震、これに伴う大津波及びその後の余震による災害。以下「震災」という。)において、本市は市域の3分の1が浸水し、壊滅的な被害を受け、多くの市民が被災しました。そのため、震災による生活環境の変化による心身の健康状態の悪化や全身機能の低下等が見込まれ、その予防に対する新たな支援が必要となっています。

そこで「第二期健康たがじょう21プラン」では、従来の健康づくりの行動指針を軸に、震災による新たな課題に取り組むため、「復旧・復興期の健康支援」を追加しています。

基本方針

  1. 「国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない」(健康増進法第2条)の規定に基づき、健康づくりは自己の責任において取り組むものであるという意識の啓発を重点課題とします。
  2. 日ごろからの健康の維持・増進に努め、疾病を予防する「一次予防」に重点を置いた事業を推進します。

一次予防

病気にならないように日ごろから健康の維持・増進に努め、病気の原因となるものを予防・改善することです。

計画の位置付け

  1. この計画は、健康増進法第8条第2項に規定する市町村健康増進計画で、市民の健康づくり運動を推進するプランです。
  2. この計画は、国が策定した「健康日本21」及び宮城県が策定した「みやぎ21健康プラン」を踏まえた計画であり、多賀城市の方向性を示す「第五次多賀城市総合計画」並びに「多賀城市地域福祉計画」を上位計画とします。
  3. この計画は、母子保健事業等の調査、市民に対するアンケート調査、高齢者の医療の確保に関する法律による特定健康診査などの問診事項、その他の結果をもとに、多賀城市食育推進プランや多賀城市国民健康保険特定健康診査等実施計画等との整合性を図りながら策定された計画です。

計画のめざすもの

健康寿命の延伸

認知症や寝たきり等にならず、心身ともに自立して活動的な状態で生活できる期間を延ばす。

市民主体の健康づくり推進

市民が自らの健康づくりに取り組めるよう、知識や技術を学び主体的に健康づくりに取り組める環境づくりを推進する。

一次予防の重視

生活習慣を改善して健康を増進し、生活習慣病等の発病を予防する。

生活の質(QOL)の向上

物理的な豊かさやサービスの量、身辺自立だけでなく、生きがいや幸福感といった精神面を含めた生活全体をより豊かにする。

取り組み分野

  1. 親と子の健康
  2. 栄養・食生活
  3. 身体活動・運動
  4. 休養とこころの健康
  5. たばこ対策
  6. アルコール対策
  7. 歯の健康
  8. 糖尿病
  9. 循環器病
  10. がん予防

第二期健康たがじょう21プラン(多賀城市健康増進計画)全文

本計画をご覧になりたい方、印刷をしたい方は、次のPDFファイルをご利用ください。

第二期健康たがじょう21プランダイジェスト

プランの全文から、「多賀城市の状況」や「目標値等」を抜粋し、「生活習慣のチェック」や「ワンポイント」などを加えて作成しています。

プランがわかりやすく紹介され、ご自身の健康増進にも役立つ内容になっていますので、是非ご活用ください。(このダイジェストは、平成24年8月号の広報多賀城と一緒に全戸配布しています。)

ダイジェスト(PDF:3,319KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康課成人保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:611~614)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?