ホーム > 健康・福祉 > 各種予防接種 > 成人予防接種 > 成人風しん予防接種費用助成

ここから本文です。

更新日:2017年4月4日

成人風しん予防接種費用助成

風しんとは

風しんウイルスは感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつります。主な症状として、発疹、発熱、リンパ節の腫れ(3つの主な症状)が認められます。3つの症状がそろわない人も多く、感染しても症状がでない人は約15~30パーセント程度います。今は成人に多い病気で、特に10歳代後半~50歳代前半の男性、10歳代後半~30歳代前半の女性が多く発病しています。

妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、心臓に病気があるなどの障がい(先天性風しん症候群)を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。

成人の風しん予防接種費用を助成します

本市では、妊娠中の女性や胎児の風しんウイルス感染を防ぎ、生まれてくる赤ちゃんの先天性風しん症候群の発症の予防を目的として、成人に対する風しんワクチン予防接種費用の助成を行っています。

助成内容

対象者

風しん抗体価が低く、多賀城市の住民票を有している方で、次のいずれかに該当する方

  1. 妊娠を希望もしくは予定している19歳~49歳の女性
  2. 接種した時点で妊娠している女性の配偶者(婚姻関係は問いません)

ただし、妊娠を希望する女性は妊娠していないことを確認してからワクチンを接種し、接種後2カ月間は避妊をしてください。また、妊婦が接種できない期間に配偶者の方がワクチンを接種した場合はご相談ください。

注)風しん抗体価が低い方とは、HI法で16倍未満、EIA法でEIA価が8.0未満の方となります。

助成回数

一人につき、風しん単独ワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)のいずれか1回

助成額

接種費用の全額(上限1万円)

接種期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日

接種場所

各医療機関(指定の医療機関はありません)

申請手続きに必要なもの

  • 多賀城市風しんワクチン等予防接種助成金交付申請書(PDF:51KB)
    (申請書は多賀城市役所保健福祉部健康課の窓口で配付をしておりますが、こちらのPDFファイルをダウンロードしたもので申請することもできます。必要事項を記入して多賀城市役所保健福祉部健康課までお持ちください。)
  • 風しん抗体検査の結果が証明できる書類(風しんワクチン等予防接種前に受けたもの)
  • 予防接種の領収書(原本)、領収書がない場合は、予防接種接種済証の写しでも可
    (医療機関、接種された方の名前、支払い金額、接種日、ワクチンの種類がわかるもの)
  • 預金通帳の写し
    (金融機関名、支店名、口座番号、口座名義がわかるもの)
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 母子健康手帳の写し(子の保護者欄が記載されているページ)
    ※妊娠している女性の配偶者の方のみ
  • 生活保護受給証
    ※生活保護受給者の方のみ

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康課成人保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:611~614)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?