ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 食育 > 食育リーフレット > 平成24年度食育リーフレット

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

平成24年度食育リーフレット

平成24年度のテーマは「健康ランチ」です。

No.3血圧予防

塩分をとり過ぎると体内に水分が蓄積し、血流量を増加させます。高血圧状態が長く続くと血管はいつも張りつめた状態におかれ、本来弾力性がある血管の壁が次第に厚く、硬くなります。これが高血圧による動脈硬化です。動脈硬化は、脳出血や脳梗塞、大動脈瘤、腎硬化症、心筋梗塞、眼底出血などの原因となります。これにより血圧が上昇します。

塩分は1日6g未満を目標にしましょう。

また、野菜などに多く含まれるカリウムは体内の塩分を排泄する働きがあるので、1日350gを目安にたっぷり食べることを心がけましょう。

高血圧予防レシピ

  • 鶏肉の粒マスタード
  • じゃがいもとアスパラのカレー炒め
  • 切干大根のゆず風味サラダ

血圧測定をする男性の絵

ーフレット原稿(PDF:306KB)

健康づくりのための適塩のすすめ(リーフレット)について

宮城県栄養士設置市町村連絡協議会では、生活習慣病予防、健康寿命の延伸を目的に「健康づくりのための適塩のすすめ」リーフレットを作成しました。ぜひこちらもご活用ください。

健康づくりのための適塩のすすめ(PDF:799KB)

No.2便秘予防

便秘とは、排便の回数が減ることです。排便の回数は人によっていろいろで、長期にわたって便秘が続いている場合は習慣性便秘や過敏性腸症候群のことが多いので排便をスムーズにするために、食事や日常生活習慣を整えることが大切です。

便秘予防レシピ

  • ひじきたっぷり焼きコロッケ
  • きのこの秋色サラダ
  • ごぼうと卵のシャキふわスープ

トイレから顔を出す少年の絵

リーフレット原稿(PDF:335KB)

No.1粗鬆症予防

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。食事ではカルシウムを始め、各種ビタミンや適量のたんぱく質を摂ることが大切です。

骨粗鬆症予防レシピ

  • カルシウムごはん
  • モロヘイヤのサラダ
  • 豆腐つくねバーグ

骨折した高齢者の絵

リーフレット原稿(PDF:372KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康課成人保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:611~614)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?