ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 食育 > 食育リーフレット > 平成26年度食育リーフレット

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

平成26年度食育リーフレット

平成26年度のテーマは「家族そろって」です。

No.9血予防

血液が赤いのは、血液の成分がヘモグロビンからなり、そのヘモグロビンが鉄から作られているからです。ヘモグロビンの鉄は酸素と結合すると赤い色になります。ヘモグロビンからなる赤血球は、酸素を脳、筋肉など全身に供給する役目をしています。人体の鉄分が不足すると、ヘモグロビンの量が減り、体の隅々まで酸素を供給できなくなり、疲れ易い、動悸がする、息切れがするといった訴えがでてきます。これが貧血です。

そこで、鉄分を効率的に摂る工夫や組み合わせをご紹介します。

貧血予防メニュー

  • レバーのマリアナソース
  • 春菊のごまあえ
  • ひじきと大豆のミルクスープ

貧血予防のレシピ写真

ーフレット原稿(PDF:287KB)

 

No.8ルシーメニュー

宮城県はメタボリックシンドロームの該当者および予備群が全国でもワースト上位の状況が続いています。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満と言われ、エネルギー摂取過剰と運動不足が原因です。食事から摂取したエネルギーは基礎代謝や運動によって消費されますが、必要とするエネルギー以上に摂取してしまうと体内に脂肪として蓄積してしまいます。

調理方法や使う食材を変えたヘルシーメニューを取り入れれば、食べる量を減らさずに摂取カロリーを抑えることができます。

ヘルシーメニュー

  • ヘルシーしゅうまい
  • 米粉の野菜グラタン
  • 簡単ポテトサラダ

ヘルシーメニューのレシピ写真

ーフレット原稿(PDF:325KB)

 

No.7の健康とおやつ

幼児期は一度に食べられる量が限られるため、1日3回の食事では成長に必要な栄養がとれません。食事と食事の間に1~2回のおやつ(間食)が必要となります。しかし、近年ではその手軽さから菓子類を幼児に与えている場合が少なくありません。その結果、おやつ(間食)のとり過ぎが肥満やむし歯の原因になっています。

成長期の幼児に適したおやつ(間食)にカルシウムたっぷりのレシピををご紹介します。

歯の健康とおやつメニュー

  • カルシウムパイ
  • 大根もち
  • 大豆ごはん

歯の健康とおやつのレシピ写真

ーフレット原稿(PDF:319KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康課成人保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:611~614)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?