ホーム > 緊急情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免・徴収猶予

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免・徴収猶予

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯などにおいては、申請により後期高齢者医療保険料が減免される制度があります。
また、保険料減免措置の対象となった方は、保険料の徴収猶予を無担保で行うことができ、猶予期間中は延滞金が免除となります。
下記の要件を満たす方が対象となりますので、本ページをご覧の上、詳しくは多賀城市国保年金課にお問い合わせください。

減免・徴収猶予の要件

  1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った者
    (重篤な傷病とは1カ月以上の治療を有すると認められるなど、新型コロナウイルス感染症の症状が著しく重い場合です。)
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入の減少が見込まれ、次の3つの項目全てに該当する者
  • 事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入いずれかの減少額が平成31年中と比較して3割以上であること(保険金などは収入に含める)。
  • 平成31年中の合計所得金額が1,000万円以下であること。
  • 減少することが見込まれる所得以外の平成31年中の所得合計額が400万円以下であること。
    (具体的には複数の所得がある場合です。例えば、給与所得と不動産所得がある場合、給与所得の減少が見込まれても不動産の所得が400万円超の場合は対象となりません。)

減免・徴収猶予の対象となる保険料

平成31年度および令和2年度分の保険料のうち、令和2年2月から令和3年3月までに納期限が設定されている保険料です。

平成31年度保険料

  • 普通徴収の場合:第8期分、第9期分
  • 特別徴収の場合:令和2年2月の年金から差し引いた分(6期分)

令和2年度保険料

  • 保険料の全部

(注)加入の届出が遅れたことなどにより令和2年度に賦課される平成31年度分の保険料がある場合は、令和2年2月以降の加入分が減免の対象となります。

減免額の計算方法

  1. 世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合
    同一世帯に属する被保険者の分も含めた「減免の対象となる保険料」全額が減免されます。
  2. 世帯の主たる生計維持者の給与収入、事業収入、不動産収入または山林収入の減少が見込まれる場合
    次の計算式により求めた額が保険料減免額となります。

対象保険料額(A×B/C)×減額または免除の割合(D)=保険料減免額

(A)同一世帯の被保険者における上記の「減免の対象となる保険料」

(B)世帯の主たる生計維持者における減少が見込まれる収入にかかる平成31年中の所得額
(減少することが見込まれる収入が2つ以上ある場合はその合計額)

(C)世帯の主たる生計維持者および世帯の被保険者全員の平成31年中の合計所得金額

(D)平成31年中(平成31年1月から令和元年12月まで)の合計所得額に応じた減免割合

主たる生計維持者の平成31年中の合計所得金額 減免・免除の割合

300万円以下

全部

400万円以下

10分の8

550万円以下

10分の6

750万円以下

10分の4

1,000万円以下

10分の2

(注)主たる生計維持者が失業または事業などを廃止した場合は、平成31年中の合計所得金額にかかわらず、減免割合は「全部」となります。

減免・徴収猶予の申請方法

申請書に必要事項を記入の上、下表の申請理由に必要な添付書類をご用意いただき、下記の2通りの方法でご申請ください。

  1. 郵送でのお手続き【感染症拡大防止のため、できるかぎり郵送でお手続き願います。】
    事前にお電話でご連絡ください。課税状況などを確認後、減免申請書を郵送します。
  2. 窓口でのお手続き【予約制】
    事前にお電話にて、受付日時をご予約していただきます。

(注)新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料減免対象者のみ、下記申請が可能となります。

申請に必要なもの

【共通で必要なもの】

本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)※郵送の場合は写し
・通帳(納税義務者のもの)※郵送の場合は写し
・印鑑

【申請理由ごと必要なもの】
申請理由

添付書類(注)郵送の場合は写し

主たる生計維持者が死亡した場合

  • 死亡診断書など

(注)多賀城市に死亡届を提出した場合は添付書類は不要です。

主たる生計維持者が重篤な傷病を負った場合
  • 医師による診断書
世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる場合
  • 主たる生計維持者および被保険者全員の平成31年中の収入が確認できるもの
    (例)確定申告書(控)、住民税申告書(写し)など
  • 令和2年中の収入実績および令和2年12月までの収入見込みがわかるもの
    (例)売上台帳、給与明細書など
  • 保険金・補てん金がある場合の書類
    その金額がわかるもの
  • 失業または事業などを廃止した場合の書類
    その事実が確認できるもの
    (例)離職票、廃業届など

 

徴収猶予期間

申請のあった日から6カ月

減免・徴収猶予の申請期限

令和3年6月30日まで

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部国保年金課国保年金係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:124~127)

ファクス:022-368-1747

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?