ホーム > 遺跡発掘 > 発掘速報 > 発掘速報(令和2年2月)

ここから本文です。

更新日:2020年2月14日

発掘速報(令和2年2月)

市内遺跡における発掘調査(2月までに実施した調査)

山王遺跡第198次調査

場整備に伴う発掘調査では、古代都市の中心部の調査を行っています。
メインストリートである東西大路(とうざいおおじ)は、都と国府を結ぶ官道であり、その沿線は陸奥国の国司(都から派遣された上級役人)が暮らした一等地です。

東西大路
東西大路を東から見た写真です。

 

土器出土状況

東西大路は何度も作り替えられていますが、9世紀前半頃の側溝を掘り下げたところ、完全な形の土器がまとまって出土しました。

人面墨書土器

さらに古い時期の側溝からは人の顔が描かれた土器が出土しました。
人面墨書土器と呼ばれ、息を吹き込んで水に流すことで、罪やケガレを払う清めの儀式に用いられました。

祓

(参考資料永代雑書』天保刊本より)
付近では木製の櫛や木簡も出土しています。
雪が舞う中ですが調査は佳境を迎えています。極めて重要な地区ですので細心の注意を払って現場に臨みます。
作業員

(氷点下にも気合い充分の発掘作業員)

お問い合わせ

埋蔵文化財調査センター  

宮城県多賀城市中央二丁目27番1号

電話番号:022-368-0134

ファクス:022-352-6548

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?