ホーム > 歴史サロン > 活動速報 > 平成29年 活動速報 9月

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

平成29年動速報9月

編布(アンギン)づくり

9月16日(土曜日)に多賀城史遊館で「編布(アンギン)づくり」が行われました。
編布とは、おもり(コモヅチ)につけた縦糸に、横糸(麻ひも)を絡ませて編んでいく方法で
作られた布です。
縄文時代の遺跡から発見された布がこの編み方で作られたと考えられています。
宮城県では栗原市から当時の布が発見されています。

アンギン作成道具
アンギン作成の道具

今回のイベントでは好きな色の麻ひもを選び、約18cm×20cmのランチョンマットを作りました!

編む様子

編み方に慣れるまでは大変ですが、コツをつかんでくるとペースも上がり
作業がスムーズになっていきます。

アンギンづくりの様子

みなさん集中して作られていました!

アンギン作品
アンギンづくり完成作品

個性豊かな作品が出来上がりましたね。

2色や3色と好きな組み合わせで作成出来るので、国旗や自分の好きな色、
イメージカラーなど作る人によって、さまざまなアンギンを編むことが可能です!
興味のある方は、来年度のイベントにぜひご参加ください!

お問い合わせ

埋蔵文化財調査センター

電話番号:022-368-0134

ファクス:022-352-6547

多賀城史遊館
多賀城市中央二丁目25番5号
電話番号:022-368-3127
ファクス:022-368-3127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?