ホーム > 歴史サロン > 発掘速報 > 発掘速報(平成27年7月)

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

発掘速報(平成27年7月)

山王遺跡第149次調査の調査概要(7月18~31日)

解体中

多賀城市の南宮地区では、住宅の新築工事に伴い、山王遺跡第149次調査を実施しました。

検出作業

現在の地盤から少し掘り下げたところ、一面に焼けた土の層が広がっていました。

明治31年に南宮地区で発生した大火の跡ではないかと考えています。

調査区全景

焼けた土の中には、寛永通宝や陶磁器の破片が含まれていました。

下層焼土

熱を受けて赤く焼けた土(江戸時代)

さらに一部を掘り下げたところ、江戸時代の層からも焼けた土が見つかりました。

発掘した面積が狭いため、これが火災によるものかどうかは分かっていません。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

埋蔵文化財調査センター  

宮城県多賀城市中央二丁目27番1号

電話番号:022-368-0134

ファクス:022-352-6548

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?