ホーム > 展示・イベント > 各種イベント > 縄文かごづくり

ここから本文です。

更新日:2017年4月18日

縄文かごづくり

縄文時代のかご作りの技術を用いて、小物入れサイズのカゴを編みます。

縄文カゴ1

作品例

縄文時代は、木のつるなどを用いて様々な道具を編んでいました。それらを編む技術はとても高度で、一つのカゴに数種類の編み方が見られるものもあります。
イベントでは、そのうちの一つである網代(あじろ)編みという技法でカゴを作ります。

作業中の様子1

作業中の様子2

作業の様子。中に瓶などを入れて形を整えながら編んでいきます。

縄文時代は、腰に下げて木の実を採集したり、保存したりする入れ物として使われていた縄文カゴ。
現代は、ペン立てなどに活用してみてはいかがでしょうか。

縄文カゴ2

色違いで編むなど自分のアレンジを加えてみるのもお勧めです。

お問い合わせ

多賀城史遊館
多賀城市中央2丁目25番5号
電話番号:022-368-3127
ファクス:022-368-3127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?