ホーム > 市政情報 > 市が発注する仕事 > プロポーザル > 平成33基準年度多賀城市固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務委託に係る公募型プロポーザルの選定結果について

ここから本文です。

更新日:2018年4月10日

平成33基準年度多賀城市固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務委託に係る公募型プロポーザルの選定結果について

選定結果

平成33基準年度多賀城市固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務について、公募型プロポーザル方式により業者を選定した結果、次のとおり優先契約候補者を選定し、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定に基づき契約を締結しました。

優先契約候補者

一般財団法人本不動産研究所北支社

参加事業者数

1事業者

実施した公募型プロポーザルに関する詳細は以下のとおりです。

平成33基準年度多賀城市固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務委託に係る公募型プロポーザルを実施します。

平成33基準年度多賀城市固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務を公募型プロポーザル方式により選定するため、次のとおり募集します。

委託業務名

平成33基準年度多賀城市固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務委託

業務委託概要

業務委託の背景・目的

本業務は、固定資産税の平成33年度評価替えにおける適正で均衡のとれた固定資産(土地)評価のため、適正な価格バランスを有した路線価を付設し、その算定根拠などの基礎資料を作成することを要旨とします。

この固定資産税標準宅地および路線価等鑑定評価業務については、高度な専門性を要する業務であり、その業務は不動産鑑定士でなければ遂行できないものであって、中でも地方税法や固定資産評価基準を踏まえた公的評価に精通していることが、固定資産税の公平で適切な課税を確保することには欠かせないものとなっています。

さらに東日本大震災の発生以降の経験を踏まえ、非常時でも業務遂行のために万全の体制が整った不動産鑑定士に本業務を委託する必要があることから、これまでの指名競争入札による委託ではなく、プロポーザル方式により委託先を決定します。

業務内容

平成33基準年度評価替えに向け、平成30年度からの3年間で時点修正率の鑑定、用途地区区分や状況類似地域区分の検証および見直し、主要街路および標準宅地の見直し、新規路線の評定、路線形状や見直し、評価要領の検討および見直し、市内184地点の標準宅地の鑑定評価などを行います。

詳細については、別紙「固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務仕様書」、「固定資産税標準宅地、路線価等鑑定評価業務特記仕様書」のとおり

公募型プロポーザル募集要領など

各種様式

スケジュール

内容

期間など

募集要領の公表 平成30年2月26日(月曜日)
※多賀城市ホームページに掲載
質問書の受付期限 平成30年2月26日(月曜日)から平成30年3月2日(金曜日)
質問書の回答

平成30年2月26日(月曜日)から平成30年3月2日(金曜日)

※多賀城市ホームページに掲載

参加申込受付期限 平成30年2月26日(月曜日)から平成30年3月5日(月曜日)
参加資格審査結果の通知 平成30年3月7日(水曜日)まで随時通知する。
提出書類(企画提案書など)受付 平成30年2月23日(金曜日)から平成30年3月9日(金曜日)
審査(選定委員会) 平成30年3月15日(木曜日)14時30分から
審査結果の通知 選定委員会後おおむね1週間以内に通知
契約締結 平成30年3月下旬

 

質問への回答

質問の受付期間は平成30年2月26日(月曜日)から平成30年3月2日(金曜日)です。質問があれば随時回答します。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部税務課固定資産税係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:154~156)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?