ここから本文です。

更新日:2015年12月16日

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初につくられた薬(新薬:先発医薬品)の特許が切れてからつくられた薬です。

有効成分、用法・用量、効能および効果が新薬と同じ医薬品と申請され、厚生労働省の認可のもとで製造・販売された、新薬より安価な薬です。

ジェネリック医薬品を希望するときは

医師が処方箋に変更不可のサインをした場合を除き、患者自身が新薬かジェネリック医薬品かを選択できます。

医師が新薬を変更するべきでは無いと判断しサインがある場合は変更できません。

医療機関で薬の処方箋を受け取ったら必ず確認しましょう。

薬剤師から説明を受けて薬を選択します

ジェネリック医薬品を希望する場合は、薬局の薬剤師に変更できるジェネリック医薬品についての説明をしてもらいましょう。

一つの新薬に対して複数のジェネリック医薬品がある場合も多いので、納得がいくまで特徴などの説明を聞いて選択の判断をしましょう。

よくある質問

お問い合わせ

保健福祉部国保年金課国保庶務係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:121~123)

ファクス:022-368-1747

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?