ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市民との対話 > 浮島公民館 おばんです懇談会(平成25年1月30日)

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

浮島公民館 おばんです懇談会(平成25年1月30日)

多賀城市では、市民の皆さんと市長が気軽に対話できる「おばんです懇談会」を開催しています。

浮島公民館で開催したおばんです懇談会には、53人の参加がありました。

その内容をお知らせします。

懇談内容

その後の調査結果や対応などは、随時更新します。

また、個人が特定されたり、プライバシーに関わることなどを除いています。

高齢者が住みやすいまちづくりについて

市民

西部地区のまちづくりを考えると、比較的高齢者の方が多いため、安全で高齢者が住みやすいまちが望まれます。そのため、防災対策を兼ねた公園の整備や高齢者の医療費の軽減や税の軽減、バスのワンコイン化(100円)などについて、今後議論を深めていってほしいと思います。

市長

高齢者の方々に対する政策ですが、何より、健康で元気な暮らしを送っていただくことが必要だと考えています。各種施策については、負担を伴うものですので、動向を見極めて、より良い対策を講じていきたいと思います。

遊水池と館前遺跡の遊歩道について

市民

国府多賀城駅南側の遊水池は、うまく機能していないように思います。少なくとも下水道の整備が完了するまでは必要なものなので、今後もしっかりと維持してもらいたです。また、館前遺跡の遊歩道についてなのですが、観光客を含めて多くの方が利用してます。今後、きちんと整備する計画はあるのでしょうか。

市長

下水道の整備が完了するまで、遊水池はこのまま残すと思いますが、今後の下水道整備計画も含めて確認します。また、館前遺跡は特別史跡なので、その整備には制約があります。宮城県が整備することとなるので、宮城県に確認します。

下水道課から→現在、遊水池として利用している箇所のほとんどは、都市計画道路・清水沢多賀城線の道路計画予定用地となっております。浮島一丁目地区の下水道雨水整備及び浮島ポンプ場の増設が完了するまでは、現在のまま、遊水池として利用してまいります。また、現在、災害復旧及び復興事業を最優先に事業を進めている状況です。そのため、浮島一丁目地区の下水道雨水整備及び浮島ポンプ場の増設につきましては、その後、計画的に進めてまいりますので御理解と御協力をお願いします。

文化財課から→館前遺跡は、特別史跡多賀城跡附寺跡第3次保存管理計画において、重点遺構保存活用地区に位置付け、整備活用に関する方針の中で、特別史跡への導入地点として、歩行者動線の整備を目指しておりますが、特別史跡内の整備計画や、整備事業の実施は原則として宮城県が担当しております。そのため、今後、その整備等につきましては、関係機関と協議していく予定としておりますので、御理解と御協力をお願い申し上げます。

防災行政無線について

市民

緊急の場合、消防団の無線利用とかち合って、混線することはないのでしょうか。

市長

防災無線が聞こえづらいという御意見は、これまでのおばんです懇談会でも何人かの方々から頂いていますが、消防団で使用する無線との混在はないように利用していると思います。

交通防災課から→防災行政無線(同報系)と消防団第三分団詰所拡声装置については、使用目的が異なることから、緊急時において同時に放送されることはありません。防災行政無線(同報系)は、災害時等に注意報、警報及び避難情報等の広報のため使用します。消防団第三分団詰所拡声装置については、地域内における火災や訓練時等に使用しています。また、災害時の消防団ポンプ車による広報活動に関しても、防災行政無線(同報系)の放送及び市公用車による巡回広報と広報文を統一することに加え、防災行政無線(同報系)で広報する時刻を予め共有し、同時に広報することがないよう努めております。

震度計について

市民

多賀城市には震度計が一機だけですが、もっと、設置場所を増やすことはできないのですか。

市長

震度計の設置場所等は宮城県などが決定します。設置に関する規定などもあり、市独自で設置することはできませんが、市民の皆さんのご意見などを受けて、市役所にあった震度計を、市民活動サポートセンター前に移設しました。

多賀城政庁の管理について

市民

多賀城政庁の両脇に以前、萩を植えました。しかし、その後の手入れをしていないため、雑然と咲いています。地元、行政、NPOなどの関係者で、よりよい多賀城政庁の管理を検討すべきだと思います。

市長

多賀城政庁は多賀城市の宝です。協働して管理できればすばらしいことだと思います。

特別史跡を禁煙にすることについて

市民

秋の枯れ葉もあり、タバコの火の粉などで火事の危険もあります。特別史跡を禁煙エリアにしてはどうでしょうか。

市長

歴史的風致維持向上計画の中で、何らかの対策ができるかどうか検討してみます。

市民税と自転車道整備計画と安倍総理大臣に多賀城訪問について

市民

1点目の話題として、震災で、大企業が撤退したまま、帰ってこない企業もあると聞きましたが、その後の税金は減収になったのでしょうか。そうすると、市民税を増税することになるのでしょうか。2点目の話題として、改正道路交通法が施行され自転車が左側通行となりました。これに伴う道路整備の計画はあるのでしょうか。3点目の話題として、平成25年12月に安倍総理が来たが、多賀城にとって良い話を持ってこられたのでしょうか。

市長

第1点ですが、、市民税をあげることはしません。本市では、被災した工場地帯の再建には特に力を入れ、震災後間もなく、企業本社を訪問し、現地再建をするよう働きかけをしてきました。そのような折、被災企業再建のための補助制度があり、その獲得に全力を尽くしました。その結果、震災の年に80億を越える補助金を獲得し、50社を超える被災企業の再建に活用してもらいました。以後もその対応を続け、今では8割以上の企業に再建してもらったと思います。加えて、工場地帯の防災対策として多重防御計画を進行中です。第2点目ですが、自転車左側通行に対応した路側帯を新たに整備するとなると、多大なコスト負担が生じます。現実的な対応ではありせん。現状で自転車通行の安全が確保できるよう、法改正の趣旨とともに交通安全を呼びかけていきたいと思います。第3点目ですが、安倍総理は、総理としての立場以外も含めると、多賀城訪問は2回目です。今回の訪問は減災技術の視察で、ソニー内の復興パークで実施されている東北大学の取り組みをご覧いただきました

浮島団地内の雨水・排水対策について

市民

浮島団地と遊水池の間の道路は、ちょっとの雨でも、排水が悪く、水が上がります。車の避難場所を確保してほしいです。

市民

浮島団地の中も水が上がります。

市民

震災での地盤沈下も考えられます。遊水池も機能していないように思います。

市民

雨水対策として、浮島ポンプ場の機能はどうなのでしょうか。以前、城南の電話交換局前も水びたしになったことがありました。

市長

担当と現場を確認し、今後の対策等について、後日回答いたします。

下水道課から→東北本線・国府多賀城駅南側(城南土地区画整理事業地内)につきましては、下水道雨水計画に沿った函渠が布設されております。しかし、東北本線・国府多賀城駅北側につきましては、整備計画区域ではありますが、一部を除いては未整備となっております。そのため都市計画道路・清水沢多賀城線予定地を現在、遊水池として利用しております。遊水池から函渠に接続する側溝はU字溝800mm×800mmで排水能力が低いことから、東北本線と平行する函渠3,500mm×1,300mmの側壁に口径400mmの孔を3カ所設置する工事を平成25年度末まで実施しますので、今までよりも雨水排水の機能の改善が図られます。浮島5号公園南側の高崎一丁目地内の雨水も浮島一丁目地区に流入していることから、雨水計画どおり排水するため、東北本線・国府多賀城東側に水路を整備する設計を平成25年度に着手しております。工事につきましては平成26年度から着手し、2年後の完成を目指しております。その他の浮島団地(浮島一丁目)地区の雨水幹線整備工事につきましては、現在、災害復旧事業及び復興事業完了後に計画的に進めてまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

交通防災課から→本市では、災害時の避難手段については、原則、徒歩としていますことから、市内の小中学校等大規模災害時指定収容避難所への避難については、「車」ではなく、「徒歩」による避難としております。ただし、「徒歩による避難が困難な方」や「そういう方を介助する方」などは、この限りではないと考えております。市民の方一人ひとりが徒歩避難を心がけ、車で避難する方が減れば、本当に車しか避難の手段のない方が渋滞に巻き込まれることなく、迅速に安全な場所(避難所)に避難できるようになります。このようなことから、車両については、各自の対応をお願いいたします。

八幡橋の強度と多賀城駅南側道路の一方通行について

市民

八幡橋の上で停車すると、ものすごい振動がします。橋の強度は心配ないのですか。また、くいしん坊前の一方通行は今後、どうなっていくのでしょうか。

市長

八幡橋を含め、市内の橋を総点検しているところです。くいしん坊前は、多賀城駅周辺整備の中で、道路整備を併せて計画しています。平成26年度中には、両方通行になる予定です。

道路公園課から→八幡橋は、県道多賀城停車場線にある宮城県所管の橋梁で、その維持管理については宮城県仙台土木事務所が行っております。御意見につきましては、同事務所に伝えますので、御理解と御協力をお願いいたします。

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:254・255)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?