ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市民との対話 > 鶴ヶ谷集会所 おばんです懇談会(平成27年6月3日)

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2015年12月18日

鶴ヶ谷集会所 おばんです懇談会(平成27年6月3日)

多賀城市では、市民の皆さんと市長が気軽に対話できる「おばんです懇談会」を開催しています。

鶴ヶ谷集会所で開催したおばんです懇談会には、46人の参加がありました。

その内容をお知らせします。

懇談内容

その後の調査結果や対応などは、随時更新します。

また、個人が特定されたり、プライバシーに関わることなどを除いています。

道路開通について

市民

文化センターから国道45号線に抜ける道路ですが、完成しているのになぜ通ることができないのですか。

市長

国道の整備にあたっての作業がもう少し発生します。また、多賀城小学校正門前に信号を付けようと思っています。県内で新しい信号機を付けることはとても時間がかかるのですが、それを伴う整備なので完成までにはもう少し時間がかかりますので御了承ください。

まちづくりについて

市民

市の南側、砂押川を越えたあたりを市の繁華街として盛り上げたいということで広報誌に出てましたが、これはどういう方法で、どういうふうにしていくのでしょうか。

市長

多賀城駅から文化センター、廃寺、東北歴史博物館、政庁をつなぐ東北随一の文化交流拠点をつくる構想があります。なお、まちの賑わいが高まるにつれ、防犯力も高める必要がありますが、防犯対策として市の商工会が主体となって、駅周辺に防犯カメラ48基をつける予定です。

仙石線が石巻まで開通しました。アウトレットの横に水族館ができます。地下鉄東西線もできます。宮城交通に荒井駅と多賀城駅まで行き来してほしいと要望をし、先日、新聞にも載りましたが、年内には10往復することになります。そういった様々な事業を含めて、東北随一の文化交流拠点づくりをしていきたいと思っています。

笠神八幡線について

市民

笠神八幡線の整備の際、自衛隊の西側の道路はどういうふうになるのでしょうか。旧国道につないでほしいと思います。

市長

つながるはずです。

動物愛護、市の検診について

市民

私の家では野良猫を5匹飼っています。犬は狂犬病などで登録制になっていますが、猫はそれがありません。猫を飼った以上は死をみとるまでは責任を持って飼い続けるという気持ちを大切にしないといけない。そういった猫の対策をしっかりやってほしいと思います。

市の健康診断にMRIを追加してはどうでしょうか。

市長

貴重な御意見ありがとうございます。

住民票へのふりがなの追加について

市民

市役所で発行する住民票に、ふり仮名をつけてもらえると便利かと思いますが、その予定はありませんか。ふり仮名をつけてる自治体もありますし、いろんな読み方が増えているので、ふり仮名があるとわかりやすいと思います。

市長

調べて後日回答します。

市民課から→住民票は、住民の居住関係を公証するものであり、氏名、生年月日、住所、本籍等記載しなければならない項目が法律により定められています。この記載しなければならない項目のうち、氏名については、個人を特定するために必要となるものであり、戸籍に記載されている氏名を同一字体の文字で記載することになっています。
それに対して、振り仮名については、読み方に制限がないものであり、個人を特定するために使えないことから、住民票の記載についても法律に具体的な規定はなく、市町村長が必要であれば事務処理上記載することができる項目となっています。
なお、発行する住民票に振り仮名を記載する場合は、多賀城市が住民へ個別に確認を行うなどの方法が必要となります。また、発行する住民票を実際に必要としている提出先も、住民の居住関係を公証するものであることを承知しているため、振り仮名について必要となったことはございません。
御質問にありますように、発行している住民票に振り仮名を任意的に記載している市町村もありますが、発行している住民票に振り仮名を記載しているがために、住民票の提出先から読み方が異なるから別人ではないのかという問い合わせや、同一家族であるのに親夫婦と子夫婦の姓(氏)の読み方が違うという問題もあると聞いております。
これらのことから、多賀城市では、発行する住民票に振り仮名を記載しないこととしており、現時点では振り仮名をつける予定はありませんので御理解の程よろしくお願いいたします。

広報掲載の平成26年度予算執行状況について

市民

広報多賀城6月号に掲載された予算執行状況をみて疑問点があったので質問です。26年度下期の予算執行状況で、歳出の土木費と教育費について、予算額と執行額の乖離が大きすぎるのでご説明いただきたい。

市長

中身を精査してみないと一概には言えませんが、市役所の事業は繰越が認められています。

予算額に対して70パーセントの執行に見えますが、残りの事業費の支払いが4月以降になっており、支払日で整理するので、今回掲載分には出ていないということです。

市民

数字だけ見るとさっぱり使ってないように見えてしまう。土木や教育というと大切な部分でもあるので、何かの事情で出来かねているのかどうなのか、と思い質問しました。ありがとうございました。

空き家対策について

市民

空き家の問題です。去年の先日26日に空き家対策特別措置法が施行されました。昨年の議会の答弁でも、国の法制化に注視しながらとのことでしたが、法制化された今どのようにして条例化していくのか、具体的な手順と、2040年問題についてもあわせて詳しくお話しいただきたい。

市長

その法律に則り、多賀城市の現状に即した形で対応していきたいと考えています。

また、2040年問題についてですが、2040年には多賀城の人口は55,000人、隣の塩釜では35,000人ということで、それを阻止すべく、子どもたちを生み育てたいと思うようなまちづくりをいかに展開していくか。多賀城ですとさきほどお話ししたような東北随一の文化交流拠点のように人が寄ってくるような魅力あるまちづくりを行っていきます。

2040年問題の地方創生戦略として、今年の10月までに多賀城市の展開を決めていかなければならないので、ぜひ皆さんのアイディアをいただきたい。その機会として、広報6月号にも掲載してますが、今月下旬に市民懇談会を実施しますのでぜひ皆さんお越しください。

医療費助成について

市民

多賀城市の医療費無料の対象は3年生まで、塩釜市は6年生までです。今、子どもを生み育てたいという話もありましたので考えていただけるといいかと思います。

市長

そうですね。多賀城もいろいろな面でがんばっているところです。貴重な御意見ありがとうございます。

高架橋の下の利用について

市民

東京とかは高架橋の下も飲み屋などとして利用しています。今度新しい図書館もできますけど、色々な人がちょっと一杯やって交流するとか、市で買い上げて駐車場にするとか、そういうことができないかと思っています。

市長

そうですね。ただ、JRが管理する高架橋の下を整備するためには、相当なコスト負担を伴います。実現の可否も含めて、駅前賑わいのためのまちづくりの一つの手段として考えていきたいと思います。

総合体育館付近の踏み切りの事故について

市民

総合体育館そばのJRの踏切付近で、車がしょっちゅう事故を起こしている。何かいい方法を国とJRと警察と調整していただきたい。

市長

状況を把握してみます。

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:254・255)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?