ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市民との対話 > 山王地区公民館 おばんです懇談会(平成27年8月5日)

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2015年12月18日

山王地区公民館 おばんです懇談会(平成27年8月5日)

多賀城市では、市民の皆さんと市長が気軽に対話できる「おばんです懇談会」を開催しています。

八幡公民館で開催したおばんです懇談会には、23人の参加がありました。

その内容をお知らせします。

懇談内容

その後の調査結果や対応などは、随時更新します。

また、個人が特定されたり、プライバシーに関わることなどを除いています。

人口減少問題について

市民

山形県内の自治体は人口が減少していますが、その中で東根市は年間300世帯くらい増えているます。東根には子どもを遊ばせる施設がたくさんあります。独自のまちづくりが必要なので、多賀城は多賀城のやり方で進めていけばいいとは思いますが、実際に東根市でそういう施設に人がたくさん集まるところを見ると、人口減少に歯止めをかける効果もあるような気がしました。そういったことも考えてもらえるといいと思います。

市長

今度、東根市長さんと会う予定なので、詳しく聞いてみたいと思います。他のまちの良い事例を研究しながら多賀城でもできそうなものはやっていきたいと思います。

塩釜街道の歩道について

市民

塩釜街道の歩道はとても狭く、歩道を歩いていると縁石や側溝の蓋が邪魔になるので、安心して歩けるようにしてほしいと思います。

市長

今の状態では幅員が狭すぎるため、歩道を広げることは難しいです。玉川岩切線は4車線になりますので、この玉川岩切線を主たる生活道路とすることで塩釜街道を原町(仙台市)の商店街のように一方通行にするという考えもあるかと思います。そうすることで皆さんも安心して歩けていいかもしれません。非常に雰囲気のある街道ですので、観光戦略としても良いかもしれませんね。迂回道路が玉川岩切線に繋がるような道路をつけるとか、こういったことをまずは地域で考えていただければありがたいです。

陸前山王駅へのエレベーター設置について

市民

陸前山王駅のエレベーター設置は、乗降客の関係で難しいとは聞いていますが、何とか検討いただきたい。また、高橋跨線橋の歩道が狭いです。東仙台駅のように、歩道橋をつけてもらえるといいと思います。エレベーターとセットで考えていただきたい。歳をとっても仙台や塩竈にいけるように、中心部だけでなく西部地区の核を作ってほしいと思います。

市長

御意見ありがとうございます。やっていきたいという思いはあるのですが、JRとの関係は時間や費用もかなりかかります。エレベーターについても、何度かJRの方にお話ししましたが乗降客の数など色々な事情が絡むようで難しいそうです。どうかご理解いただきたいと思います。

遊水地について

市民

勿来遊水地が全然使われていません。また、防災拠点の中に遊水地は必ず作らなければならないのですか。そして復興拠点の雇用人数はどれくらいになるのでしょうか。

市長

遊水池は、県の条例で決まっています。砂押川遊水池は、上流部の水を一時的に貯水するためのものですが、いまは遊水池の上流側の河川の改修が終わっていません。改修が完全に終われば遊水池に水が入ります。復興拠点の雇用人数については、事業規模が未定なので具体的にはお答えできませんが、市内雇用は数百人になるかと思います。

ほ場整備について

市民

今、地方創生と言われていますが、たとえば家庭菜園付きのマイホームを地方創生のモデルケースとして山王・南宮で建設できたらいいと思っていました。ほ場整備が確定したのなら難しいでしょうか。

市長

クラインガルテンのようなことですね。市街化区域の中で住宅を建て、田んぼだけでなくて畑をやりながら人を増やしていくということもいいかもしれません。何ができるか考えていきましょう。

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:254・255)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?