ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市民との対話 > 新田公民館 おばんです懇談会(平成26年4月24日)

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

新田公民館 おばんです懇談会(平成26年4月24日)

多賀城市では、市民の皆さんと市長が気軽に対話できる「おばんです懇談会」を開催しています。

新田公民館で開催したおばんです懇談会には、17人の参加がありました。

その内容をお知らせします。

懇談内容

その後の調査結果や対応などは、随時更新します。

また、個人が特定されたり、プライバシーに関わることなどを除いています。

市役所玄関先のホワイトボードと担当部署案内板について

市民

多賀城市の前向きなニュースが多いのがうれしく思います。「歴なび」のちらしの裏の「たがもん」はいいですね。全国的にPRできればいいと思います。ところで、市役所玄関先のホワイトボードは、何も行事がなく、記入がない場合は、表に出さない方がいいのではと思います。また、他の自治体は担当部署の案内板を入口に設置しています。多賀城市役所にもわかりやすい説明板があるといいのではと思います。

市長

1階のエレベーター脇や各階にはそれぞれ設置していますが、正面玄関にもということについては、検討してみます。

市民

エレベーター脇のものを、入り口に移設するのは、そんなに費用がかからないのではないでしょうか。

八幡字一本柳への企業誘致について

市民

先日、八幡字一本柳へ7社が誘致されることに伴い、立地協定が結ばれましたが、全部で何社が立地する予定ですか。

市長

それぞれの企業の立地面積にもよります。八幡字一本柳の用地に誘致するのですが、今の7社ですべての敷地が使われるわけではありません。残りの部分の誘致に向けても鋭意取り組んでいます。

道の駅について

市民

道の駅については、国府多賀城・観光推進協議会で話し合われているようですが、道の駅を作ったとして、何を売るかが問題です。農家さんを集めて会社を組織して、一年中売れるものを生産しないといけないと思います。

市長

道の駅や物産館などの構想は、いずれもその中身が重要ですから、どういうことができるかなどの調査を今年度に行う予定です。道の駅などを作ったはいいけれど、経営に失敗したとならないように、十分に検討していきます。

ふるさと創生1億円の使い道について

市民

古い話ですが、ふるさと創生1億円の恩恵を多賀城市も受けたはずです。多賀城市は、基金にしていただけでしたが、使い道といて相応しかったのでしょうか。

市長

当時は、今に比べると財政的に余裕があったので、基金にして、後の財政支出に備えるということにしたのだろうと思います。

冠水する箇所と除雪について

市民1

降雪時は、どこまで除雪するものなのですか。子供たちの通学の心配もあります。また、新田の100円ショップのあたりの道で、大雨が降ると冠水する場所があります。

市長

除融雪マップに従って、作業をしています。市では、2000万円の除雪予算を組んでいます。通学路の除雪などは、PTAや地域の方も一緒に除雪していただく、市民協働の取り組みにしていきたいですね。冠水する場所は、確認します。

道路公園課から→道路側溝の維持管理などを適正に行っておりますが、大雨時にパトロールを行い、状況を確認いたします。

市民2

除雪をきちんとやらなかったのではと思っています。今年の大雪は、土日に降ったのである意味助かりました。山王小学校の前の道路などは歩道が広く除雪も大変です。除雪を地域でと市長がおっしゃるのなら、除雪機などを市内各所に置くなどの手段はとれないでしょうか。

市長

この間のような大雪はめったにないから難しいです。本市では、業者に委託して除雪しています。

市民3

一般の会社は、除雪用の器具を揃えているわけではありません。例えば、大手スーパーは、月およそ20万円ほどのリース代を払って、除雪機を借りています。リース代の他に、降雪時の出動では、賃金も払ってもいます。多賀城市のように、年間2回から3回の降雪では、除雪機などを維持管理をしていくのは難しいと思います。

岩切こ線橋の橋げたについて

市民

みやぎ生協岩切店から多賀城方向に向かう、新幹線の線路が交差している高架橋(岩切こ線橋)の橋げたですが、塗装をしていないため、真っ赤にさびています。

市長

その橋げたは、仙台市分ですが、調べてみます。

地域コミュニティ課から→調べたところ、この錆は、耐候性鋼(たいこうせいこう)とよばれる、鋼表面に保護性錆(安定錆とも呼ぶ)を形成するように設計された低鉄合金鋼です。塗装せずにそのまま使用してもあまり錆びず、またその錆が比較的緻密で、内部まで腐蝕されないような鋼材です。表面が錆の色になりますが、正常な状態であるとのことです。

NHK受信料の減免について

市民

地区住民の避難場所ともなる地区集会所のNHKの受信料を減免してもらうことはできないのでしょうか。年額25000円は高いと思います。集会所で毎日見るわけではないです。

市長

今のところ、地区集会所に対する減免制度はありません。

市内の公共施設について

市民1

多賀城市には、警察署や消防署や大きな郵便局がありませんが、市としてどのように考えているのですか。

市長

歴史的な経緯があります。昔は、塩竈市中心のまちづくりでした。現在、多賀城市は、塩竈市よりも人口も多く、加えて、東北で1番人口密度が高いまちになりましたが、それでは、直ちに多賀城市に移管しようというわけにもいきません。それと病院も、仙台圏域での病床数規制があり、誘致は困難です。

市民2

多賀城市は、他の地域に依存しているような気がして、気が引けています。仙台市民になりたいとも思います。新田地区は仙台市に近いので、市役所も、駅も、郵便局も、なんでも仙台市に頼った方がいいと思います。西部地区にも、大きな公共施設を建設してほしいと思います。西部地区にも、もっと光をあててほしいと思います。

市長

西部地区にこんな施設がほしいという要望があれば、お聞かせください

交差路と、通学路の灯について

市民

新田地区には、今後、新しい道路が増えると聞きましたが、新田には信号が少ないです。複雑な交差点もあります。道路がよくなるとスピードを出す車も出てきます。高橋のヨークベニマルから新田の柳原造園の資材置き場のところが暗いです。農道が通学路になっていますが、照明がないので、危険です。

市長

帰りに見てみます。道路については、今後も考えていきます。

道路公園課及び交通防災課から→道路の安全確保のための道路照明灯は、規定どおりの明るさが確保されているため、増設はできません。また、通学路となる農道を照らす照明として防犯街路灯が考えられます。防犯街路灯の設置は地区で行い、市は、設置費用の一部と電気料の2分の1を助成いたしますので、御理解のほど、よろしくお願いいたします。

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:254・255)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?