ホーム > 市政情報 > 広聴 > 市民との対話 > 笠神会館おばんです懇談会(平成28年11月24日)

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2017年2月2日

笠神会館おばんです懇談会(平成28年11月24日)

多賀城市では、市民の皆さんと市長が気軽に対話できる「おばんです懇談会」を開催しています。

笠神会館で開催したおばんです懇談会には、15人の参加がありました。

その内容をお知らせします。

懇談内容

その後の調査結果や対応などは、随時更新します。

また、個人が特定されたり、プライバシーに関わることなどを除いています。

市の観光戦略について

市民

昨年退職しまして、妻と二人で名古屋から九州の各地を22日間で回ってきまして、その中でも奈良と大宰府は見てきたいと思い、訪問しました。やはり別格だなと感動しました。多賀城も戦略次第では一大観光地になりえると思います。みなさんの協力を得て、こうしたことにも配慮しながら、一日も早い復興をお願いしたいと思うのでぜひ市長のお考えをお聞かせください。あわせて南門復元計画の見通しもお願いします。

市長

南門に関しては、専門家により設計図を作っていただいているので、おそらく来年の2~3月頃までには概算の費用が出てくると思います。最初の予測では10億くらいとなっていて半分は国の負担となるのですが、今の予測は20億くらいになっていまして、財政面を考慮するとなかなか難しいのではないかなと思っています。本来であれば多賀城創建1300年の2024年までには作りたいなという思いはあったのですが、財政面などからみてもスムーズにはいきません。いまのところ難しいなというところです。ご理解いただければと思います。

市民

先日、同級生を呼んで図書館と史跡を全部回りました。みんなこんなにいいところがあったのかと非常に喜んでおりましたので、いまのままでも見られるところはいっぱいあるのでいまある資源を有効に活用していただければありがたいです。

高齢者交通事故の免許証の自主返納について

市民

近頃高齢者の自動車事故が多く発生しています。高齢化も進んでいるので、こうしたことはますます増加するだろうと思います。免許証の自主返納が多いのは大阪府と聞いております。返納をするとさまざまな特典が受けられるそうです。多賀城市としての呼びかけや政策はおありなのでしょうか。市単独が難しければ2市3町で検討するなども良いのかなと思います。

市長

確かに自主返納やそれに対するサポート施策は多く聞きます。自主返納はあくまで個人の意思ですので、今後事故などの危険性を減らすためには、市単独、2市3町でというよりは、国としての施策を何らかの形を示してもらえるといいのかなと思います。

 バスチケットについて

市民

富谷市のように、免許を返納した方へのバスチケット交付などがあれば返納も進むのかなと思います。

市長

仙台でもそういった取組がありますね。全国的な取組として高齢社会の進展や財政面などさまざまな観点で考えていかなければいけないと思います。

東部バスについて

市民

私は来年80歳になります。最近車に乗らないように心掛けているので、なるべく歩いたり、バスを使ったりしています。これから高齢者がもっと多くなりますので、バスがより便利に利用できるよう利活用を検討してもらいたいと思います。利用者がたくさんいないなら、マイクロバスや中型などのサイズも検討してもらえるといいのではないかと思います。市職員も東部バスを利用するようにしたら、見えていなかった現実問題もわかると思います。

市長

笠神に住んでいる市職員に聞きましたら、バスで通っていると聞きました。職員も利用しておりますので、そういった面も承知はしています。どんなふうに工夫できるか考えていきたいと思います。

東豊中の木の枝の剪定について

市民

平成4年からいまの地区に住んでいますが、うちの地区で日照権問題が起きています。どんなことかというと、東豊中のグラウンドのネットの脇に木が植えてあります。何のために植えてあるのかはわかりませんが、木が伸び放題です。それが影響して、9時半くらいになっても日が当たらないんです。ちょうどホーマックの裏の東豊中のグラウンドの下です。

市長

早速、担当課に伝え、改善策を検討させます。

健康増進のための遊水地や河川敷等の活用について

市民

高齢化の進展で、医療費等財政的にきついところが出てきているのではないかなと感じています。医療費を抑えることを考えると、お年寄りの健康維持や増進に力を入れることも大事かと思います。健康増進を目的としてグラウンドゴルフやパークゴルフの人気が全県的に広がってきています。ですが、そうしたことができる環境がこの辺には全くありません。一番近いところで大衡村です。多賀城にもそういうものを作る余地はないのか、お伺いしたいと思います。加瀬沼の近くに県の遊水地があると聞いていますが、あの辺をうまく造成すればかなりの土地が確保できるかと思います。その辺をうまく活用していただければ非常にありがたいなと思います。県などと協力して進めていただければありがたいです。

市長

青森県に沖館川というところがあるのですが、そこに、多くの市民がスポーツなどで気軽に利用できる、小中学校と運転免許センター、スポーツ施設等を併せ持つ、多目的遊水地があります。そのような例もあるため、可能性はあるのでしょうが、パークゴルフ場の整備ということになると、前の大衡村長から聞いたのですが、芝生の手入れにすごくお金がかかるそうです。先ほど申し上げたように多賀城市は財政的にも厳しいところがございますので、市で整備することは難しいですが、何か解決策がないかどうか研究してみたいと思います。

たがじょう安心メールについて

市民

安心メールが送られてきすぎて困っています。あまりの量の多さに登録取り消しなどもあるのかと思います。もう少し情報を整理して、送ってもらえるとありがたいです。1、2分の間に何回も来てしまうので、どのメールも違うのかとは思いますが、きちんと見ることができません。

事務局

確かに違いは分かりにくいかもしれませんが、1通1通、震度の観測地点が違っていたり、新しい警報や注意報のお知らせなどが届きます。気象庁の速報と同じタイミングでいち早く皆さんにお届けするということですので、御理解いただければと思います。

市民2

ここは七ヶ浜や塩釜からもエリアメールが来るので、余計多いのかもしれません。

市民3

いろいろなご意見もあるのかもしれませんが、3.11の経験があったせいか多賀城は一番早く情報がきていて私は安堵しています。ありがとうございます。

学区について

市民

何年か前に見直しをお願いしたいきさつがありまして、多賀城高校の横に新しい団地(28所帯)があって、今後さらに増える可能性があります。そこは笠神西地区ですが、学区は昔のとおり天真小学校というわけです。危険回避のために、団地の所に階段を作って通学路とするという話もありました。ですので、階段を作るなり、学区を見直すなり、考えていただきたいと思います。天真小学校に行っていると笠神の(こども会)育成会には入りません。ぜひ今度の見直しの際に検討事項として盛り込んでいただきたいと思います。

市民

子供たちがトンネルをくぐって、1年3組の脇を通っていくのはとても危険だと思うんです。東小、東豊中に通えるようにしていただければと思っています。

市民2

このことについては、前回のおばんです懇談会でもお話していましたが、いいお返事はいただけませんでした。県との兼ね合いもあるのかもしれませんが、階段についても、改めてお願いしたいところです。

市長

今後笠神八幡線が整備されたり、いろいろな環境変化もありますので、いろいろ考えていかなければならないと思っています。

震災メモリアルミュージアムについて

市民

市長さんがいろいろな場面で地震津波ミュージアムについてのお話をされていますが、いま多賀城市でどのような形で進んでいるのかお話しいただければと思います。

市長

多賀城は、869年の貞観の大震災によって、多賀城で1,000人の方が亡くなっています。日本三大実録にも記録が残ります。そうした史実が残る多賀城市だからこそ未来に教訓を伝えるためのミュージアムがあればいいなと考えています。おそらく1,000年後にもこれまでのような大震災が来ないとも限らないわけですので、今回の教訓や経験を後世に残すことはとても大切なことだと思います。そのための地震津波ミュージアム構想ということですので、さまざまな方々からアドバイスを頂きながら進めていきたいと思います。

道の駅の構想について

市民

道の駅の構想についてお考えはありますか。

市長

岩出山の「あ・ら・伊達な道の駅」のような施設があったらいいなとは思いますが、多賀城に道の駅をつくるとした場合、きちんとした売上を上げられるかを考慮しなければなりません。もし作るならば、多賀城は、太宰府や天童、奈良と友好都市ですし、天童はフルーツなども豊富ですので、そういうものを売るとか、他でやっていないものができれば来てもらえるかとは思いますけれども、多賀城独自のものを販売できなければ人は集められないかなと思います。もしやるとすれば個性的で行ってみたくなるような場所にしなければならないと考えています。史跡周辺の観光の拠点として何かあればいいかなとは思いますが、道の駅という形が適切かどうか考えなければと思います。

市民

図書館も盛況ですし、多賀城高校も特徴的なことをやってらっしゃいますし、市長さんが文化的なことを進めてらっしゃること、非常にありがたく思っています。そうしたこともありますので、塩釜や利府などとも連携して、名産を生み出したり販売したりできるような環境なども検討してもらいたいなと思います。

市長

貴重な御意見ありがとうございます。

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:254・255)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?