ここから本文です。

更新日:2016年9月5日

ご支援に感謝

全国の皆さんからのご支援に感謝!

東日本大震災で甚大な被害を受けた多賀城市へ、全国各地の皆さんから励ましのメッセージ、人的援助、救援物資など多くのご支援をいただき、感謝申し上げます。

おかげさまで、大震災発生後すぐに緊急の支援をいただき、市民のいのちを繋ぐことができました。

未曾有の大震災から1年が経過し、被災車両や膨大ながれきの撤去も進み、復興に向けて市一丸となって取り組んでおります。また、仮設住宅などの整備も進み、必要な生活物資はほぼ充足している状況となりました。

ご支援をいただきたい物資については状況に応じて様変わりいたしますが、これまでの多大なご支援に感謝するとともに、復興に向けて、引き続きご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

本市へ物資の提供・人的支援をいただいた皆さん(平成25年4月30日現在)

ご支援をいただいた方々に、この場を借りて感謝の意を表させていただきます。

これまでの多大なご支援に感謝するとともに、一日も早い復興に向けて全力で取り組んでおりますので、引き続きご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

なお、個人の方のお名前は掲載を控えさせていただいております。

また、記載漏れやお名前の誤りがありました場合は、ご容赦ください。(敬称は略させていただきます)

本市へ義援金および寄附金をご提供いただいた皆さん(平成25年4月30日現在)

今もなお、全国の皆さまからたくさんのご支援をいただいております。

皆さまのご支援に感謝するとともに、一日も早い復興に向けて全力で取り組んでいきますので、引き続きご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

これまでいただいた義援金の配分状況は東日本大震災災害義援金のページで確認できます。

なお、匿名を希望された方については掲載を控えさせていただいております。

また、記載漏れやお名前の誤りがありました場合は、ご容赦ください。(敬称は略させていただきます)

あたたかいメッセージや励ましのコメントがたくさん

全国の皆さんからのあたたかいメッセージや励ましのコメントをたくさんいただいています。市役所1階ロビーに掲示していますので、お立ち寄りの際にはぜひご覧ください。

市役所1階ロビーの様子市役所1階ロビーの様子

少林寺拳法グループからの「横断幕」と伊豆の国市からの「のぼり」

「横断幕」と「のぼり」の画像

幅2メートル、長さ10メートルの横断幕には、少林寺拳法グループからの呼びかけに応じ、中国国際友好連絡会が北京外国語大学の学生に対し、特に被災地の青少年に向けた応援メッセージを募集して集められたものです。中には、被災地だけでなく被災地の復旧と復興のために日本人全体に向けた「頑張れ!」の文字も並んでいます。横断幕には、中国語、日本語、英語、韓国語など10カ国語以上が書かれており、様々な国のみなさんが応援のメッセージを寄せています。

また、伊豆の国市からは、「がんばれ多賀城」「つなごう多賀城」ののぼりをいただきました。

横断幕を大きいサイズで見る(JPG:51KB)

奈良からの励ましの色紙

東大寺からの色紙画像

4月27日、奈良市の仲川げん市長が慰問に来庁した際に、東大寺の別当である北河原公敬大僧正から「辛苦同心興同志」としたためた色紙をいただきました。

「辛くて苦しいことを私たちも同じく心で感じています。志を同じく、復興していきましょう」という意味で、北河原大僧正の「被災された多賀城市民の皆さんを勇気づけられたら」との思いが込められています。

色紙を大きいサイズで見る(JPG:39KB)

吉幾三さんからの励ましの言葉

歌手の吉幾三さんより、支援物資とともに、市民の皆さんへ励ましの言葉をいただきました。

吉幾三さんからのコメント(PDF:21KB)

なお、復興支援曲「みんなが居るから」は、吉幾三さんのオフィシャルホームページ(外部サイトへリンク)にて、ご試聴ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:254・255)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?