ホーム > 市政情報 > 施政方針(所信表明)・行政報告 > 行政報告 > 平成30年 > 行政報告(平成30年第2回定例会、平成30年6月12日)

ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

行政報告(平成30年第2回定例会、平成30年6月12日)

政策1全で快適に暮らせるまち

1-1害対策の推進

震災経験・記録伝承イベント開催事業につきましては、3月10日に文化センターにおいて、俳優の竹下景子さんに御出演をいただき、「かたりつぎ ~朗読と音楽の夕べ~」を東北大学災害科学国際研究所との共催により開催しました。本市での開催が2回目となる今回は、約1,100名の来場がありました。【総務部地域コミュニティ課】

消防団運営事業につきましては、5月27日に中央公園において、平成30年多賀城市消防団消防演習を実施しました。消防団員150名が参加し、日頃の訓練の成果を披露しました。【総務部交通防災課】

避難路・物流路として重要な役割を担う(都)笠神八幡線につきましては、5月末日現在、約1万9,300平方メートルすべての用地売買契約を締結しました。【建設部復興建設課】

平成28年度より実施している「雨水流出抑制施設整備費助成事業」の受付けを、6月1日から開始しています。

浸水対策下水道整備事業につきましては、復興交付金事業として八幡雨水ポンプ場の南側に整備を進めていた八幡第一雨水調整池建設工事、平成25年度から栄、宮内地区で整備を進めていた宮内雨水幹線整備工事が3月末日に完了しました。【建設部下水道課】

1-2犯対策の推進

防犯街路灯整備事業につきましては、リース方式によるLED化に取り組んでいますが、3月16日に区長や自治会・町内会の役員を対象にした説明会を開催し、事業概要の説明と併せ、事業の協力をお願いしました。【総務部交通防災課】

1-4通安全対策の推進

交通安全対策・啓発事業につきましては、交通安全推進関係団体との連携のもと、4月6日から15日までの10日間、「春の交通安全市民総ぐるみ運動」を実施しました。「飲酒無謀運転根絶ニラめ作戦」の街頭キャンペーン活動を展開するとともに、市内に居住する高齢者を対象に、塩釜警察署及び東日本自動車学校との共催により、「体験・実践型高齢者交通安全講習会」を実施しました。

また、「飲酒運転根絶の日」である5月22日に、国道45号の多賀城八幡小学校入口交差点付近で、「多賀城市飲酒運転根絶大会」を実施したほか、街頭キャンペーンを展開するとともに、市内の事業所などを訪問し、啓発チラシ・啓発グッズにより飲酒運転根絶の協力を依頼しました。【総務部交通防災課】

1-6域の整備

歴史的風致維持向上計画推進事業につきましては、5月17日に文化センターにおいて、国土交通省東北地方整備局と本市の主催で、「東北歴史まちづくりサミット2018in多賀城」を開催し、283名の来場がありました。【建設部都市計画課】

1-8全で安定した水の供給

水道事業につきましては、将来にわたる安定的な事業の継続と効率的かつ効果的な施策を行うため、水道事業経営戦略及び水道施設整備計画を3月に策定しました。【上水道部管理課・工務課】

政策2気で健やかに暮らせるまち

2-3育て支援の充実

「赤ちゃんほっとステーション」につきましては、赤ちゃんを連れた方が、オムツ交換や授乳などで気軽に立ち寄れる施設として、市内33か所の施設で登録していただいておりますが、市役所1階東玄関にも新たに個室を設置し、子育て中の方でも安心して来庁できる環境を整備しました。【保健福祉部子育て支援課】

政策3史・文化を継承し豊かな心を育むまち

3-2校教育の充実

多賀城八幡小学校屋内運動場大規模改造事業につきましては、3月2日に工事が完了しました。【教育委員会事務局教育総務課】

3-5化財の保護と活用

大区画ほ場整備区域内の埋蔵文化財調査受託事業につきましては、新田地区及び山王西部地区の現地調査が終了し、平安時代の建物跡や畑跡、室町時代の区画溝などを発見しました。

また、この成果に基づき、新田遺跡、山王遺跡及び大日南遺跡の範囲を拡大し、埋蔵文化財包蔵地に追加しました。【埋蔵文化財調査センター】

政策5ながり気あふれるまち

5-1業の振興

大区画ほ場整備促進事業につきましては、整備が完了した西部工区において米の作付けが可能となり、すでに整備を終えた北部工区と合わせ、約162ヘクタールで平成30年産米の作付けが行われました。

また、本事業における最終整備工区となる中部・東部工区(高橋、山王、市川、高崎、東田中、八幡)の約102ヘクタールで面的整備に着手しました。

宝堰用水路整備推進事業につきましては、整備延長約2.2キロメートルのうち、仙台市宮城野区岩切地内の約1キロメートルの区間で工事が完了し、引き続き残区間の整備を進めています。【市民経済部農政課】

5-2工業の振興

事業復興型雇用創出事業につきましては、平成29年度は、14事業所、41名を助成対象者として支給決定を行いました。【市民経済部商工観光課】

5-3業誘致の推進

多賀城市津波復興拠点整備事業につきましては、4月3日に備蓄食料品製造業者1社と事業用定期借地権設定に係る公正証書を締結しました。【市長公室震災復興推進局】

みやぎ復興パーク内で取り組まれている減災技術・製品の研究開発の内容、状況などを見学体験する「減災技術見学会」を3月27日に開催し、市内の小学生7名と保護者2名の参加がありました。【市民経済部商工観光課】

5-4光の振興

「東大寺と東北」展関連企画である「多賀城・奈良食文化まつり」が多賀城市観光協会主催により4月28日に多賀城駅前公園において開催されました。多賀城グルメブランド「しろのむらさき」の試食販売、奈良の特産品などの販売を行い、19団体が出店し、約3,500名の来場がありました。【市民経済部商工観光課】

政策7解と信頼で進める自律したまち

7-1正な事務の執行とサービスの提供

官民協働で作成した多賀城市オリジナル婚姻届につきましては、6月から配布・受付を開始しています。【市民経済部市民課】

7-2織・人事マネジメント

震災復興に係る職員派遣につきましては、5月末日現在、全国11自治体から19名の職員派遣をいただいております。

また、6月2日及び3日、本市の復旧・復興事業に御尽力いただいた派遣職員及び任期付職員をお招きして、「平成30年度多賀城市復興状況報告会」を開催しました。当日は、91名に参加いただき、本市復興状況の説明や視察、意見交換を行いました。【総務部総務課】

7-3果的・効率的な行財政経営の推進

東日本大震災から7年となる3月11日に、文化センター小ホールにおいて、「東日本大震災多賀城市追悼式」を執り行いました。犠牲となられた方々に対し、追悼の誠を献げ、御霊をお慰めするとともに、震災の記憶を風化させることなく、一日も早い復興への誓いを新たなものとしました。

当日は、約400名が参列し、追悼と復興への祈りを込めて献花が行われました。また、追悼式会場をはじめ、山王地区公民館及び大代地区公民館に記帳所を設置しました。【市長公室政策秘書担当】

政策の総合推進

シティブランドブラッシュアッププロジェクト事業につきましては、かねてより開催準備を進めてまいりました東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り」が4月28日に開幕しました。会場は、東北歴史博物館で、会期は6月24日までとなっています。

主な関連事業として、創作舞台「多賀・光の多面体」が5月4日及び5日に東北歴史博物館水上ステージで開催され、2日間で約1,200名の来場がありました。

また、TFUギャラリーMini Moriにおいて4月7日から開催されていた東大寺・奈良を彩る花の襖絵展は5月27日をもって閉幕しました。会期中の入場者数は12,259名でした。【総務部市民文化創造局】

多賀城市土地開発公社及び多賀城駅北開発株式会社につきましては、昨年度の事業報告書、今年度の事業計画及び予算書を地方自治法の規定に基づき作成し、提出していますので、御覧いただきたいと存じます。【市長公室行政経営担当・総務部管財課】

よくある質問

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?