ホーム > 市政情報 > 施政方針(所信表明)・行政報告 > 行政報告 > 平成29年 > 行政報告(平成29年第4回定例会、平成29年12月12日)

ここから本文です。

更新日:2017年12月12日

行政報告(平成29年第4回定例会、平成29年12月12日)

政策1全で快適に暮らせるまち

1-1害対策の推進

震災経験・記録伝承事業につきましては、東日本大震災の記録・記憶・教訓を広く伝え、後世に受け継ぐため、11月16日に「たがじょう見聞憶と日本災害DIGITALアーカイブ(JDA)の連携・協力等に関する多賀城市とハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所との協力についての覚書」を締結しました。【総務部地域コミュニティ課】

10月23日未明の台風21号接近に伴う対応につきましては、22日午後8時から翌23日午後4時13分まで災害警戒本部を設置し、職員等約150名体制で警戒にあたりましたが、幸い、人的及び物的被害は確認されませんでした。

消防団運営事業につきましては、10月16日に警防研修会、10月1日、25日、29日に防災訓練研修会をそれぞれ実施し、延べ191名の参加がありました。

総合防災訓練事業につきましては、11月5日に多賀城市総合防災訓練を大規模災害指定収容避難所などで実施しました。小・中学校の児童・生徒、地域住民及び自衛隊や消防などの防災関係者、合わせて約1万名が参加し、初期消火訓練、避難所開設訓練のほか、新たに非常用井戸を活用した生活用水確保訓練、断水体験型給水訓練、ドローンを活用した通信訓練などを実施しました。また、12月8日に地域、学校並びに行政による防災訓練の振り返りを実施し、次年度に向けて、訓練の反省と改善点などについて話し合いました。

防災情報管理事業につきましては、11月14日に全国一斉Jアラート受信広報訓練を実施し、システムが正常に作動することを確認しました。

宮城県が策定した「避難計画原子力災害作成ガイドライン」に基づき、原子力災害時の避難者受け入れに係る災害協定を12月1日に、石巻市と締結しました。【総務部交通防災課】

緊急避難路・物流路として重要な役割を担う(都)清水沢多賀城線につきましては、11月末日現在、橋梁工事の橋台・橋脚12基のうち9基が完成し、砂押川部及び仙石線部の上部構造の製作に着手しています。

(都)笠神八幡線につきましては、11月末日現在、橋梁上部工の架設が完了しています。【建設部復興建設課】

1-2防犯対策の推進

防犯まちづくり推進協議会事業につきましては、11月21日に文化センターにおいて、防犯意識の啓発を目的とした防犯講演会が開催され、防犯関係団体など120名の参加がありました。【総務部交通防災課】

1-4交通安全対策の推進

交通安全対策・啓発事業につきましては、9月21日から30日までの10日間、交通安全関係団体との連携のもと、「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」を実施しました。市内各地において、「飲酒・無謀運転根絶ニラめ作戦」の街頭キャンペーン活動を展開するとともに、9月29日には、国道45号の多賀城八幡小学校入口交差点付近で、仙台育英学園高等学校の生徒とともに、飲酒運転根絶と交通事故防止の呼び掛けを行いました。【総務部交通防災課】

1-7中心市街地の整備

多賀城駅前と文化センターを結ぶ(都)史都中央通線改築事業につきましては、9月下旬から工事に着手しています。【建設部市街地整備課】

10月15日に中心市街地の賑わいづくりや交流人口の増加による地域経済の活性化を目的とした「史都多賀城日本酒まつり」が、多賀城駅北口広場で実行員会主催により開催されました。【総務部市民文化創造局】

政策2気で健やかに暮らせるまち

2-3育て支援の充実

地域子育て支援事業につきましては、9月9日と10月1日に山王地区公民館及び文化センター展示室において、大型の絵ばなしや子育てミニ講話などの親子向けワークショップを開催し、2日間で101名の参加がありました。

また、11月3日には、東北歴史博物館において、「たがじょうでたのしくそだつ」ためのヒントがいっぱいの「親子でそだつ講演会」を開催し、子育て中の保護者など196名の参加がありました。【保健福祉部子育て支援課】

子ども医療費助成事業につきましては、10月1日から通院、入院ともに高校3年生まで拡大し、新たに対象となった2,009名分の受給者証を、9月11日に発送しました。【保健福祉部国保年金課】

2-6会保障等の充実

災害公営住宅につきましては、12月1日からの一般公営住宅の定期募集に併せて一般募集を開始しています。【建設部都市計画課】

臨時福祉給付金(経済対策分)につきましては、11月末日現在で、8,930名の方に対し、約1億3,400万円を支給しました。【保健福祉部社会福祉課】

東日本大震災災害義援金の第10次配分につきましては、多賀城市、宮城県及び義援金受付団体が受け付けた災害義援金について、総額5,689万9,440円を11月2日から順次支給しています。なお、多賀城市が受け付けた災害義援金は、今回の配分をもって終了しました。【保健福祉部生活支援課】

政策3史・文化を継承し豊かな心を育むまち

3-3涯学習の推進

10月8日に実行委員会主催による「第19回史都多賀城万葉まつり」が、東北歴史博物館をメイン会場に開催されました。万葉衣装行列のほか、奈良・平安時代の宮中行事「射礼」が再現されるなど多彩な催しが行われ、約4,100名の来場者がありました。また、同時に開催された「第39回大伴家持のつどい短歌大会表彰式」では、応募総数1,184作品のうち一般の部、小中学生の部合わせて41作品が披露されました。

「文化センター開館30周年記念タイムカプセル開封式」を11月12日に開催しました。昭和62年の開館時に埋設したタイムカプセルを開封し、当時の伊藤喜一郎市長の未来に向けたメッセージ等を披露するとともに、30年間のあゆみをパネル展で紹介しました。また、同会場では「第36回多賀城市民音楽祭」、手作り食品・雑貨を展示販売する「サークルフェア」及び「市内中学校美術部作品展示会」なども開催され、約1,600名の来場者がありました。【教育委員会事務局生涯学習課】

3-4市民スポーツ社会の推進

10月9日に総合体育館において、また11月12日には市民プールにおいて「スポーツフェスティバル」が開催されました。健康教室や走り方教室、水泳記録会など様々な催しが行われ、1,314名の参加がありました。【教育委員会事務局生涯学習課】

政策5ながり気あふれるまち

5-1業の振興

水稲の作況につきましては、8月の低温、日照不足の影響により収穫量が減少したことから、県中部の作況指数は、96の「やや不良」となりました。

大区画ほ場整備促進事業につきましては、換地計画原案を策定したことから、11月14日から17日まで工区ごとに土地の所有者や耕作者の方々へ説明会を開催しました。【市民経済部農政課】

5-2商工業の振興

11月19日にポリテクセンター宮城において、実行委員会主催による「たがじょう市民市」が開催され、約1万名の来場者がありました。【市民経済部農政課】

5-3企業誘致の推進

多賀城市津波復興拠点整備事業につきましては、11月29日に備蓄食料品製造業者1社と事業用定期借地権設定に係る覚書を締結しました。【市長公室震災復興推進局】

5-4光の振興

9月25日に太宰府市で開催された「第12回太宰府古都の光」、そして、11月25日及び26日に奈良市で開催された「第59回奈良市友好都市・姉妹都市物産フェア」に参加し、本市の観光PRと物産品の販売を行いました。

第24回「壺の碑」全国俳句大会が10月15日に文化センターにおいて開催されました。兼題の部に1,265句、嘱目の部に93句、小中学生の部に1,944句が寄せられ、当日は県内外から約140名の参加がありました。

多賀城の魅力を発信することを目的として、市内で観光に携わる方々で企画した、古代米稲刈りや万葉衣装着用等の体験ができる観光体験ツアーを10月21日に実施しました。

多賀城市観光協会主催による「多賀城食文化まつり」が11月3日に多賀城駅前公園において開催されました。多賀城グルメブランド「しろのむらさき」の試食販売、多賀城名物なべの販売など、22団体が出店し、約3,800名の来場者がありました。

10月7日及び8日に、今年度より新規に加入した「奥の細道サミット」の総会が富山県高岡市で開催され参加しました。また、奥の細道のストーリー性を持った広域観光を推進するため、「奥の細道サミット」に加盟する関係市町村とともに、日本遺産登録に向けた取り組みに11月末から本市も参画しています。【市民経済部商工観光課】

政策6心がかよう地域の絆を育むまち

6-1地域コミュニティの充実

宮内災害公営住宅入居者のコミュニティ形成支援につきましては、「市営宮内住宅自治会」が9月30日に発足しました。【総務部地域コミュニティ課】

政策7理解と信頼で進める自律したまち

7-1正な事務の執行とサービスの提供

第1回臨時会で御審議いただきました、自己破産申立中の生活保護受給者から受けた返還金に係る否認決定に対する異議請求事件につきましては、本件訴訟の原因であります破産事件の破産手続廃止決定が確定したことに伴い、本件訴訟は10月23日をもって終了しました。【総務部総務課】

マイナンバーカードの交付促進につきましては、9月から平成30年2月までの各月最終日曜日(12月は第四日曜日)の午前9時から正午まで、マイナンバーカード交付専用窓口を市民課に開設しています。【市民経済部市民課】

10月22日に執行されました第48回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査並びに宮城県知事選挙につきましては、衆議院議員総選挙の投票率(宮城県第4区)は53.80%で、前回(平成26年12月14日執行48.55%)より5.25ポイント上昇しました。また、宮城県知事選挙の投票率は54.50%で、前回(平成25年10月27日執行39.59%)より14.91ポイント上昇しました。【選挙管理委員会事務局】

7-3効果的・効率的な行財政経営の推進

11月1日に文化センター小ホールにおいて、「平成29年多賀城市市政功労者表彰式典」を挙行し、47名の個人並びに3団体の方々へ、表彰状を贈呈し、その功績を讃えるとともに感謝の意を表しました。【市長公室政策秘書担当】

復興交付金につきましては、緊急避難路・物流路(清水沢多賀城線)整備事業等に係る第19回目の復興交付金事業計画を申請し、12月1日に、約18億3,000万円の内示を受けました。【市長公室震災復興推進局】

政策の総合推進

シティブランドラッシュアップロジェクト事業につきましては、10月15日に、多賀城市文化センターで「多賀・光の幻舞~古代と現代を繋ぐ舞の系譜~」を開催し、延べ約900名の来場者がありました。また、10月20日には、東京都港区赤坂の東京ミッドタウンにおいて、東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北ー復興を支えた人々の祈り」記者発表会が開催され、展覧会の正式名称や、出陳物などが発表されました。【総務部市民文化創造局】

よくある質問

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?