ホーム > 市政情報 > 施政方針(所信表明)・行政報告 > 行政報告 > 平成25年 > 行政報告(平成25年第3回定例会、平成25年9月10日)

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

行政報告(平成25年第3回定例会、平成25年9月10日)

平成25年第3回定例会における行政報告です。

行政報告(平成25年第3回定例会)

市議会第3回定例会が開催されるに当たり、日ごろからの市政運営に対する議員各位の御協力に対し、厚く御礼を申し上げます。

本議会に御提案申し上げます案件は次のとおりです。

  • 人事 2件
  • 条例 6件
  • その他 2件
  • 決算認定 2件
  • 報告 2件
  • 補正予算 7件

よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

それでは、第2回定例会報告以降、今日までの行政の概要につきまして、第五次多賀城市総合計画の施策体系別に、東日本大震災からの復旧・復興事業の取り組み状況及び主要な事務事業について、その概要を報告いたします。

 政策1 安全で快適に暮らせるまち

1-1 災害対策の推進

消防関係につきましては、6月30日に多賀城八幡小学校において、平成25年度多賀城市消防団消防演習を5年ぶりに屋外で実施し、不測の災害時に迅速に活動できるよう、日ごろの訓練の成果を発揮し、規律正しい消防団の雄姿を披露しました。

8月25日、平成25年度塩釜地区消防団連合演習が同様に多賀城八幡小学校で開催され、本市からは消防団幹部及び消防団第1分団から第4分団までの団員が参加し、ポンプ操法等の演習を行いました。【総務部交通防災課】

防災関係につきましては、6月25日に山形県酒田市と「災害時相互援助に関する協定」を、7月30日に仙台コカ・コーラボトリング株式会社と「災害時における清涼飲料水供給に関する協定」を締結しました。

また、8月29日には、国土交通省東北地方整備局東北技術事務所及び塩釜港湾・空港整備事務所と、津波避難ビルに係る「災害時における支援協力に関する協定」を締結しました。

7月19日、友好都市の山形県天童市において、大雨の影響による断水被害が発生したことから、本市では、同月19日から26日まで天童市への給水支援及び物資支援を行いました。加圧式給水車1台、可搬式給水タンク3基による給水支援活動に、延べ30名の職員が従事しました。

また、天童市周辺の自治体にも一部断水被害等があったことから、東日本大震災発災後にがれき処理等で御支援をいただいた東根市、村山市、河北町へ物資支援を行いました。

9月1日、宮城県及び川崎町が主催した「平成25年度 9.1総合防災訓練」を、消防団正副団長及び担当職員が参観しました。【総務部交通防災課】

1-4 交通安全対策の推進

交通安全関係につきましては、交通死亡事故が5月、6月、7月と立て続けに3件発生し、3名の方が犠牲となりました。さらに、7月にも2件の重傷交通事故が発生しました。

そこで、交通事故抑止チラシを広報多賀城8月号と一緒に全戸配布しました。8月5日には、JR多賀城駅周辺において、塩釜地区交通安全協会多賀城市連合支部、交通安全母の会及び塩釜警察署とともに街頭キャンペーンを実施しました。【総務部交通防災課】

1-5 交通環境の充実

多賀城西部線バスにつきましては、平成23年12月から試験運行を実施していますが、7月29日から一部路線等を変更して運行しています。朝夕の便を増便し、日中の便については、文化センターや市民プールを経由するルートとしました。【市長公室行政経営担当】

1-6 市域の整備

都市計画関連では、多賀城駅北地区第一種市街地再開発事業都市計画変更説明会を8月20日に、防災緑地整備事業説明会、宮内地区被災市街地復興土地区画整理事業説明会及び八幡地区の津波防災拠点市街地形成施設整備事業説明会を同月25日に、清水沢多賀城線整備事業説明会を9月6日と7日に、それぞれ開催しました。【建設部都市計画課】

 政策2 元気で健やかに暮らせるまち

2-2 健康づくりの推進

7月から開始した、成人風しんワクチンの予防接種の助成者数は、8月末日現在で197名となっております。【保健福祉部健康課】

2-3 子育て支援の充実

子ども・子育て支援新制度推進事業につきましては、8月26日、第1回多賀城市子ども・子育て会議を開催し、学識経験者や子育て関係事業従事者、市民委員等15名に対し、本市の子育て施策の現状について説明しました。【保健福祉部こども福祉課】

2-6 社会保障等の充実

宮城県から追加交付された「東日本大震災復興基金交付金」を原資とする「多賀城市被災者住宅再建総合支援制度」につきましては、6月20日から申請受付を開始し、8月末日現在の受付件数は、建設・購入が166件、補修が726件となっております。

東日本大震災災害義援金の第6次配分として、人的被害を受けた世帯には2万円を、津波により住宅に被害を受けた世帯のうち、被害程度が全壊の世帯には7万円、大規模半壊の世帯には5万円、半壊の世帯には4万円、また、母子父子世帯及び施設入所者には6万円を、8月23日から順次支給しております。【社会福祉課生活再建支援室】

災害公営住宅につきましては、6月3日から同月28日までに仮入居申込書の受付を行い、6月中の受付総数は518件でした。

なお、6月の時点で諸事情により仮入居申込書の提出を保留し、その後の個別相談等において提出を行った方々を含めますと、最終(8月末時点)の受付総数は526件となっております。【建設部都市計画課】

 政策3 歴史・文化を継承し豊かな心を育むまち

3-1 学校・家庭・地域の連携による教育力の向上

多賀城市教育振興基本計画の策定につきましては、7月1日に第1回目の策定会議を開催し、学識経験者や学校教育、社会教育関係者6名の委員に対し、今後の策定スケジュールや本市の教育に関する現状について説明しました。

また、8月22日に開催した第2回目の会議では、基本計画素案について検討を行いました。【教育委員会事務局教育総務課課】

3-2 学校教育の充実

学校給食費の公平負担を図るために実施している、学校給食費の滞納に係る訴訟につきましては、7月3日に行われた第1回口頭弁論において、仙台簡易裁判所から分割納付による和解勧告が出されたことから、検討した結果、和解に応じることとし、8月28日の第2回口頭弁論において、和解が成立しました。

また、残りの1世帯については、8月22日付けで仮執行宣言付き支払督促申立てを行いました。【教育委員会事務局学校教育課】

3-3 生涯学習の推進

6月17日に教育委員会定例会を開催し、多賀城駅北地区市街地再開発事業に伴い、市立図書館を同地区内に移転することを決定しました。
8月11日、オリンピックデー・フェスタin多賀城が開催され、バルセロナオリンピック金メダリストの岩崎 恭子さんをはじめオリンピック選手を招いての水泳教室に、多くの小中学生が参加しました。

8月24日に「野田の玉川あんどんまつり」が開催され、約400名の参加がありました。水路沿いに約200個の手づくり行灯が並べられ、琴や琵琶、古代横笛の演奏、和歌の朗詠などが行われました。【教育委員会事務局生涯学習課】

 政策4 環境を大切にする心を育むまち

4-3 資源循環型社会の形成

災害廃棄物処理関係につきましては、栃木県壬生町において、平成24年12月3日から、1日約7トンの木くずを焼却処理していただいておりましたが、7月25日をもって終了し、昨年度からの処理総量は、約960トンとなりました。【市民経済部生活環境課】

 政策5 集い つながり 活気あふれるまち

5-1 農業の振興

生産調整推進対策事業における本年産の米の生産調整につきましては、7月の現地調査の結果、本市関係の水田面積354.3ヘクタールのうち、主食用米作付228.0ヘクタール、転作等水田は126.3ヘクタールとなりました。【市民経済部農政課】

5-2 商工業の推進

多賀城市津波復興拠点整備事業につきましては、7月26日及び28日に、事業構想及びスケジュールに関する地権者全体説明会を開催しました。【市長公室震災復興推進局】

多賀城市中小企業振興資金を利用する市内事業者1者の債務を、株式会社東日本大震災事業者再生支援機構が買い取ったことに伴い、「多賀城市損失補償契約に係る回収納付金を受け取る権利の放棄に関する条例」に基づき、回収納付金を受け取る権利を1件放棄しました。【市民経済部商工観光課】

5-3 企業誘致の推進

東日本大震災復興特区特別区域法に基づき、中心市街地の商業等の集積を図るまちづくり促進特区区域において、無床診療所から同法第37条の指定申請が1件あり、7月11日に指定しました。【市民経済部商工観光課】

5-4 観光の振興

震災後3年ぶりとなる「第25回あやめまつり」が開催され、6月24日から7月7日までの14日間に、約7万8千人の来園者で賑わいました。

また、あやめまつり期間中の6月29日・30日には、仙台・宮城デスティネーションキャンペーン・クロージングイベントのSL「仙台宮城DC号」が運行されました。SLが陸前山王駅に停車した際には、郷土芸能の「多賀城鹿踊り」「多賀城太鼓」で歓迎し、観光パンフレット等を配付するなど、本市の積極的なPRを行いました。

あやめまつりの最終日前夜には、全国市町村あやめサミット連絡協議会関係首長会議が開催され、加盟13自治体のうち本市を含め10市町が参加しました。

なお、東日本大震災時に、当該協議会加盟自治体から本市に対し多大なる御支援をいただいたことから、支援に対する御礼を述べるとともに、復興の状況や、復興計画について報告し、現地視察をしていただきました。【市民経済部商工観光課】

 政策7 理解と信頼で進める自律したまち

7-1 適正な事務の執行とサービスの提供

建設技術の向上発展に寄与するため、平成24年度に完成した100件の建設工事の中から、優良建設工事選定委員会において、特に優良であった7件の工事を選定し、8月8日に表彰式を行いました。【総務部管財課】

7-3 効果的・効率的な行財政経営の推進

7月21日、第23回参議院議員通常選挙が執行されました。宮城県選挙区の本市の投票率は54.13%で、前回(平成22年7月11日執行)より1.65ポイント低下しました。【選挙管理委員会事務局】

結び

以上、第2回定例会以降、今日までの行政の概要を申し述べましたが、今後とも議員各位の御支援、御協力をいただきながら、施策の遂行に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

よくある質問

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?