ホーム > 市政情報 > 施政方針(所信表明)・行政報告 > 行政報告 > 平成24年 > 行政報告(平成24年第1回定例会、平成24年2月14日)

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

行政報告(平成24年第1回定例会、平成24年2月14日)

平成24年第1回定例会(平成24年2月14日)における行政報告です。

行政報告(平成23年第4回定例会)

平成23年第4回定例会以降の行政の状況について、その概要をまとめたものを掲載します。

 市長公室

震災復興推進局

  • 昨年12月21日、震災からの復興に向けたまちづくりのビジョン、方針等を示した多賀城市震災復興計画を策定しました。
  • 1月19日、第6回復興検討委員会を開催し、同計画の推進に向けての助言をいただきました。
  • 1月27日、東日本大震災復興特別区域法に基づき、県及び県内33市町村と共同して作成した復興推進計画を内閣総理大臣に対して提出しました。この計画は、市内の雇用機会の確保を目指し、産業の集積と企業立地の促進を目的とした第1段の計画で、市内に設ける集積区域に立地するものづくり関連企業に対し、課税の特例を講じる内容となっております。また、多賀城市震災復興計画に定める各種復興事業を推進するため、国の交付金を活用する第1段の復興交付金事業計画を県と共同で作成し、1月31日に内閣総理大臣に対して提出しました。

 総務部

総務課

  • 学校法人髙橋学園に対する不当利得(精算金)返還請求事件については、仙台地方裁判所で第1回口頭弁論が昨年12月21日に、第2回口頭弁論が1月20日に行われました。第3回口頭弁論は3月2日に行われる予定です。
  • 災害復旧に係る他自治体からの派遣については、下水道施設の設計・積算等の業務に従事していただくため、全国基地協議会で御縁のある東京都西多摩郡瑞穂町から、地方自治法に基づく職員派遣として、新たに1月23日から3月31日まで1名の職員を派遣いただいております。今後も各自治体との協議が整い次第、派遣いただく予定です。

地域コミュニティ課

今月1日を調査基準日とした「平成24年経済センサス活動調査」を実施しています。この調査は、全国すべての事業所を対象とする基幹統計調査で、本市では指導員2名、調査員32名体制で行っております。

交通防災課

  • 1月8日、交通安全指導隊員の規律正しい行動と服装の点検及び隊員の交通安全に対する志気向上のため、市役所6階で観閲式を実施し、隊長以下48人が出席しました。
  • 防犯活動については、第3回「市内一斉防犯パトロール」を昨年12月22日に実施しました。防犯協会連合会、青少年補導員、塩釜警察署など総勢61人の協力のもと、市内西部地区の防犯啓発パトロールや、JR多賀城駅及び大型スーパーでの防犯啓発用チラシの配布を行い、自転車等の盗難防止及び詐欺被害防止を呼びかけました。
  • 消防関係については、新春恒例の多賀城市消防団出初式を1月3日に行いました。消防団員や多賀城消防署職員等約150名が参加し、分列行進、放水実演等を行った外、優良消防団員表彰など団員35名が表彰を受け、消防団員としての自覚と決意を新たにしました。
  • 防災行政無線整備工事については、現在、難聴地域が生じないように屋外拡声子局の設置場所等の確認作業をしております。また、市内各公共施設に設置する戸別受信機の増設について、最終調整をしております。

 市民経済部

生活環境課

  • 災害廃棄物処理については、廃棄物の分別・縮減とリサイクルを図るため、本市が中間処理を委託する鴻池組株式会社東北支店が仙台市宮城野区港四丁目に建設を進めていた中間処理施設が先月完成し、稼働しております。
  • 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う空間放射線量率については、昨年7月から測定をしておりますが、健康に影響を及ぼす数値は、観測されておりません。

農政課

農業復興については、魅力ある農業の再興を実現するための農業復興計画策定に係る地区説明会を、昨年12月15日から26日まで市内7箇所で開催し、延べ232名の参加がありました。

商工観光課

  • 被災事業者対策については、仮設店舗等での再建を目指す事業者の入居希望に基づき、仮設施設設置主体である独立行政法人中小企業基盤整備機構と協議を進めております。仮設施設は、今月下旬頃、町前三丁目に着工する予定です。
  • 多賀城市被災事業者支援事業については、1月末現在、102件の補助金申請があり、1,001万円の補助金を交付しております。
  • 仙塩工場多賀城地区連絡協議会と連携し進めてきた国の「第3次中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」については、「仙台港多賀城地区経済活力基盤産業群(50者(社))」の事業計画書が採択され、昨年12月15日に本申請を行いました。
  • 宮城県の東日本大震災復興基金事業による中小企業施設設備復旧支援事業補助金については、多賀城市内の7者(社)が交付決定を受けております。
  • 観光関係については、昨年の大晦日から1月3日まで奈良の東大寺で行われた「東日本大震災・台風12号復興支援物産展~東大寺~」に参加・出展してまいりました。

 保健福祉部

社会福祉課

在宅被災者に対する支援については、民生委員、市、市社会福祉協議会復興支えあいセンター及び協力事業者が被災世帯を順次訪問し、状況確認の上、全国から支援物資として御提供いただいた暖房器具を配布する事業を1月23日から展開しております。

こども福祉課

西部児童センターの大規模改修については、第1期工事を完了し、館内に開設している留守家庭児童学級は、1月23日から新しい施設で実施しております。平成24年度当初の全館開館を目指して第2期工事を行っております。

健康課

被災者の食生活の悪化を予防するため、県の健康支援事業(食生活)を活用し、1月16日から応急仮設住宅6カ所で、栄養相談会や戸別訪問を実施しております。

介護福祉課

本年10月に第25回全国健康福祉祭宮城・仙台大会(ねんりんピック宮城・仙台2012)が開催されるに当たり、本市において開催する、文化交流大会将棋種目の円滑な運営を図るため、昨年12月16日に委員26名による「ねんりんピック宮城・仙台2012多賀城市実行委員会」を設立しました。

 建設部

都市計画課

  • 民間木造住宅の耐震化支援事業については、耐震診断は40件の申込みのうち32件が完了し、耐震改修工事費補助は9件の申込みのうち2件が完了しました。
  • 一部損壊住宅に対する補修工事費補助事業については、1月末日現在、244件の申し込みがあり、合計2,199万円の補助金を交付しました。
  • 都市緑化推進事業については、生け垣づくり補助は申し込みのあった7件が完了し、花のまちづくり補助は申し込みのあった5件が完了しております。
  • 災害公営住宅の整備については、第一次供給分として、都市再生機構(UR)にその実施を要請し進めることにしました。今後、全壊判定を受けた被災者の入居意向調査結果をもとに、建設戸数や建設場所を決定してまいります。
  • 被害が甚大であった宮内地区の今後のまちづくりについては、昨年12月18日、居住者と地権者を交えたまちづくり勉強会を開催し、59人の参加がありました。また、昨年12月21日から1月20日には、面談を含めた個別調査を実施し、94人の方の意向確認や課題把握を行いました。

道路公園課

  • 用地補償契約については、都市計画道路新田南錦町線の用地買収9件、都市計画道路南宮北福室の用地買収8件と建物移転等補償9件の契約を締結しました。
  • 工事については、都市計画道路高崎大代線道路改良工事の契約を締結しました。
  • 道路災害復旧工事の発注については、津波浸水区域を除いた区域で42件の契約を締結しました。
  • 単独工事については、市道石ヶ森四号線道路改良工事外10件の契約を締結しました。その内、市道新田高崎線滑止舗装工事外2件が完了しました。
  • 災害復旧事業に対する国の補助金の交付を受けるための災害査定については、道路86件、公園11件が昨年12月12日で全て完了いたしました。

下水道課

災害査定につきましては34件を予定しており、11月末現在で29件が完了いたしましたので、順次、復旧工事を発注する予定です。

 教育委員会

教育総務課関係

  • 学校施設の安全管理対策については、多賀城小学校、多賀城東小学校及び東豊中学校を除く市立小・中学校7校の工事を施工しております。1月末現在での工事進捗率は約80%で、完了予定は3月となっております。
  • 山王小学校及び第二中学校の屋内運動場の大規模改造事業については、1月末現在での工事進捗率が約80%であり、完了予定は3月となっております。
  • 公立学校施設国庫負担災害復旧事業の災害査定については、1月末現在、市立小・中学校10校及び給食センター1施設の計11施設中、6校分を完了しています。残り5校1施設については、今月末に行われる予定です。

生涯学習課

平成24年成人式を1月8日に総合体育館で開催しました。対象者は平成3年4月2日から平成4年4月1日生まれの663名(男366名・女297名)で、市外に居住している新成人52名を含め457名が出席しました。今年も市内中学校4校の卒業生12名の新成人が実行委員として企画等の準備を行い、司会進行、式典運営等を務めました。また、京都市の着物の会社から、津波で被災した新成人8名に振り袖、帯などの一式が贈られ、この8名も贈られた着物を着て式に参加しました。

文化財課

  • 1月22日、多賀城史遊館において、奈良時代に遣唐使が日本に伝えたと言われる唐菓子作りを行い、小学生の親子8組、18名が参加しました。
  • 今月2日と3日、今年度から始まった歴史的食文化体験学習の締めくくりとして、多賀城跡内で栽培した蕎麦を使った調理実習を行いました。城南小学校の6年生142人がクラスごとに石臼を使った蕎麦粉づくりと、蕎麦団子づくりを体験しました。

 上水道部

  • 多賀城市水道事業創設60周年にあたり、広報紙「たがじょうの水道」創刊号を1月に発刊いたしました。この広報紙は、使用者皆様にとって価値ある情報を幅広くお届けするとともに、料金を基本として経営している企業体として経営情報などを分かりやすく説明することを目的としたもので、年2回の発刊を予定しています。
  • 震災における対応の課題・反省点や市民からの提言、意見等を踏まえ、事実に即した検証を行い、従前の「上水道部危機管理対策マニュアル」の見直しを実施しました。
  • 災害査定については、1月末現在、20件中17件が完了しております。残り3件については、今月末に行われる予定です。

よくある質問

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?