ホーム > 市政情報 > 施政方針(所信表明)・行政報告 > 行政報告 > 平成22年 > 行政報告(平成22年第2回定例会、平成22年6月16日)

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

行政報告(平成22年第2回定例会、平成22年6月16日)

平成22年第2回定例会(平成22年6月16日)における行政報告です。

行政報告(平成22年第2回定例会)

市議会第2回定例会が開催されるに当たり、市政運営に対する議員各位の御協力に対し、厚く御礼を申し上げますとともに、今後とも一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

本議会に御提案申し上げます案件は次のとおりです。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

提案する案件

区分

件数

報告 3件
専決処分 3件
人事 1件
条例 4件
補正予算 2件
その他 2件

それでは、第1回定例会以降、今日までの行政の状況につきまして、その概要を報告します。

市長公室

はじめに、市長公室について申し上げます。

行政経営担当

第五次多賀城市総合計画策定関係につきましては、今月5日に文化センターにおいて「まちづくりシンポジウム」を開催し、市民約700名の方に参加をいただきました。本市行財政経営アドバイザー天明茂氏による基調講演のほか、東北学院大学の先生方とまちづくり懇談会メンバーによる「市民創造のまちづくりプラン」の発表が行われました。また、「まちづくりと市民の関わり方」をテーマとしたパネルディスカッションでは、市民主体の活気あるまちづくりのあり方や総合計画と市民の関わり方について、大変有意義な討論をしていただきました。

総合計画審議会につきましては、学識経験者、公募に応じた市民、公共的団体の役員、まちづくり懇談会メンバーによる25名を審議会委員として委嘱し、4月22日に第1回目の審議会を開催しております。また、今月10日に第2回目の審議会を開催し、基本構想等の審議を行っていただいております。

プロジェクト推進担当

多賀城駅北開発株式会社につきましては、5月29日の株主総会において、平成21年度事業報告、会計決算、平成22年度の事業計画等が審議され、原案のとおり議決されました。地方自治法の規定に基づき、経営状況を説明する書類を作成し、配布しておりますので、ご覧いただきたいと存じます。

中心市街地活性化につきましては、多賀城市中心市街地活性化協議会設立準備会の参加を得て、経済産業省支援事業の「中心市街地活性化の取組に対する診断・助言事業」を行いました。この事業では、「中心市街地の目指す方向性の確認」と、多賀城らしさを踏まえた「中心市街地活性化の具体的事業計画案の検討」という二つの検討課題を設定し、経済産業省から委託された専門家と議論を進めてまいりました。2月13日には総勢80名の出席のもと報告会を開催し、専門家からのコメントや事例紹介、同設立準備会からの意見発表が行われました。

八幡地区の工業団地化構想につきましては、平成21年度の調査において、対象地区の南西部に一部遺構を確認したものの、それ以外に遺構の広がりや年代等までは明らかにすることができませんでした。当該地区の工業団地化をスムーズに進めるためにも、今年度も引き続き埋蔵文化財の試掘調査を行う予定です。

(仮称)多賀城インターチェンジ早期整備の実現に向けた取組につきましては、早期整備を待ち望む地元住民が自ら発起し、昨年12月18日に総勢750名の参加のもと総決起大会が開催されました。その後、同協議会と本市が連携し、国や国会議員等に対して要望活動を行ってまいりました。さらに、前原国土交通大臣による事業予定地の現地視察を実現すべく要望を重ねてきたところ、5月30日に三陸自動車道並びに(仮称)多賀城インターチェンジ事業予定地を車中より視察していただきました。また、石巻市内のホテルにおいて、(仮称)多賀城インターチェンジ整備促進協議会の会長をはじめ4名の役員の皆様とともに、前原大臣に、直接陳情する機会を得ることができました。私どもの要望を受け止めた前原大臣からは、「仙塩道路の4車線化及び多賀城インター等、仙台都市圏の自動車専用道路ネットワークの整備については、現在整備中の各事業の効果や交通利用状況等を踏まえて検討していきます。今後も、市長と緊密に連携をとって進めていきたいと考えているので、よろしくお願いしたい。」との回答を、その場でいただいたところです。

長崎屋跡地につきましては、所有者のお一人が3月12日に破産手続きを開始されたことから、当該土地の一体的かつ健全な開発が阻害されないよう、破産管財人と逐次協議を行っております。

総務部

次に、総務部について申し上げます。

総務課

職員のメンタルヘルスケアにつきましては、4月1日から医療法人菅野愛生会緑ヶ丘病院の精神科医を嘱託医として配置し、職員が健康で安心して働くことができる職場環境づくりに努めております。

多賀城市総合行政情報システムへの移行につきましては、4月から文書管理システム等の内部情報系の運用を開始しております。

また、訴訟事務関係につきましては、多賀城駅北開発株式会社に対する「多賀城市市街地再開発事業費補助金」の交付が違法であるとして、5月18日に住民訴訟が提起されました。第一回口頭弁論期日は、今月29日、仙台地方裁判所で行われます。

地域コミュニティ課

市民活動推進関係につきましては、住民自治基盤形成事業「おらほのまち彩発見こみゅにてぃプロジェクト」を昨年7月末から市内4地区において、延べ17回開催しました。3月13日には、4地区合同で学習交流会を開催し、これまでの成果を皆さんと共有しました。この取組は、今年度も継続して実施してまいります。

友好都市関係につきましては、5月22日、23日に奈良市で「姉妹都市ウィーク」が開催され、多賀城鹿踊保存会、万葉まつり実行委員会の皆様が出演しました。また、観光協会及び宮城黒川地域地場産業振興協会にも御協力いただき、物産・観光をPRすることができました。なお、会場となった「なら100年会館」には、「多賀城碑」のレプリカを今月末まで展示していただくことになりました。

広報誌関連につきましては、4月号から誌面の一部をリニューアルし、読みやすさに配慮したユニバーサルデザインの書体を取り入れました。今後も、市民ニーズに即した誌面の充実を図ってまいります。

管財課

多賀城市土地開発公社の平成21事業年度事業報告書及び平成22事業年度事業計画並びに予算書を地方自治法の規定に基づき作成し、配付しておりますので、ご覧いただきたいと存じます。

3月に発生した株式会社パスコによる個人情報データの紛失事故につきましては、次の3点の対応をいたしております。1点目は、契約上の違反行為に対し、平成22年4月26日から同年8月25日までの4カ月間の指名停止措置を行いました。2点目は、当該事故に伴う職員の事務従事人件費相当額729,193円の損害賠償請求をし、既に納付されております。3点目として、本件の事故を踏まえ、一層の個人情報管理の徹底及び再発の防止を図ることを目的とし、個人情報保護取扱事務の委託基準を一部改正しました。

市内に点在している倉庫の老朽化と不便性解消のため、市庁舎西側駐車場の奥に資機材倉庫を新築しました。今後は、資機材の集中管理により、効果的な行政サービスを図ってまいります。

庁舎前花壇のポエムシティガーデンにつきましては、スポンサーを募集したところ、企業・団体から12件、個人から4件の申込みがあり、総額162,000円の協賛金をいただきました。協賛いただいた方々については、市ホームページで御紹介させていただくとともに樽鉢プランターに企業名等を掲示しております。

交通防災課

交通安全対策関係につきましては、関係団体の参加及び協力のもと4月6日から同月15日まで、「子どもと高齢者の事故防止」を基本として、「春の交通安全市民総ぐるみ運動」を実施し、市内各地区において「安全運転でユキナ菜作戦」街頭キャンペーン活動を展開しました。「飲酒運転根絶の日」である5月22日には、多賀城市文化センターにおいて、「飲酒運転根絶県民大会」を県、県警本部、当市の三者の主催により開催し、「飲酒運転からみたアルコール依存症」と題した講演や、仙台育英学園の生徒たちによる飲酒運転根絶宣言を通じて、飲酒運転の根絶に関する知識の普及を図りました。また、市内飲食店約200カ所を訪問し、飲酒運転根絶に向けた協力を呼びかけました。

防犯対策関係につきましては、「みんなの笑顔を守る防犯まちづくり基本計画」に基づく、「多賀城市防犯まちづくり推進協議会」を設立すべく、準備会を3月25日に開催しました。また、自転車盗難抑止のため、4月20日と5月20日に市内JR各駅駐輪場において啓発活動を行ったほか、5月には、自転車盗難予防チラシを作成し、市内の全中学校の生徒に配布しました。

消防関係につきましては、消防団第6分団の消防ポンプ車を更新配備しました。

防災関係につきましては、5年に一度の多賀城市総合防災訓練を今月13日に、陸上自衛隊多賀城駐屯地を会場に実施しました。地域住民や関係機関、事業所など総勢1,850名の方に参加をいただきました。

市民経済部

次に、市民経済部について申し上げます。

生活環境課

家庭ゴミの出し方につきまして、今年度から新たに市内の収集6地区別にゴミ収集カレンダーを作成し、広報4月号とともに各家庭に配付しました。また、3月29日から4月2日まで、市役所1階ロビーで、転入者約120名の方にゴミ収集カレンダーを配付し、家庭ゴミ分別の説明を行いました。

今月の環境月間に合わせ、5月31日から今月11日まで、環境に対する関心を高めるため、環境市民団体と連携して、市役所1階ロビーで環境パネル展を開催しました。

七ヶ浜町公園墓地「蓮沼苑」につきましては、今年度分の使用権として50区画分を取得し、昨年度分と合わせて100区画分を取得しました。

市民課

従来、3月と4月の繁忙期に、窓口を午後7時まで延長していましたが、今年は、年度を挟む土曜日と日曜日の午前9時から午後5時まで窓口を開設し、その結果、4日間で延べ230名の方が訪れました。平日の手続きが困難である利用者に大変好評で、平日の窓口混雑の緩和にも繋がることから、今後も継続していきたいと考えております。

農政課

農林水産省の「ため池百選」に、宮城県内からは「加瀬沼」が、3月11日付けで選定されました。加瀬沼は、全国に約21万あるため池の中から、農業の礎、歴史・文化・伝統、景観、生物多様性、地域とのかかわりにおいて、「ため池百選選定委員会」から秀でた特徴があると認められました。

商工観光課

雇用対策につきましては、就職が内定していない市内居住の高校新卒者を対象に臨時職員を募集し、4月から5名を雇用しております。

観光関係につきましては、仙台・宮城伊達な旅キャンペーンが2年目に入り、4月からは、多賀城駅、国府多賀城駅を起点として市内を散策する「JR駅長おすすめの小さな旅」や「県内の花めぐり・味めぐりフラワースタンプラリー」等を開催しています。

保健福祉部

次に、保健福祉部について申し上げます。

こども福祉課

浮島保育所の改築工事が3月末に完了し、入所定員が90名から100名に増えたほか、保護者が急用などの際に子どもを預かる一時保育事業につきましても、1日あたり10名の定員で受け入れを行っております。

あかね保育所の運営につきましては、これまで大新東ヒューマンサービス(株)に委託しておりましたが、同社が出資設立した社会福祉法人「おひさまと月の里」が4月1日に設立認可を受けたことから、今年度は同法人に委託を行っております。

過密化の解消が課題となっておりました城南小学校「もみじ学級」につきましては、この4月から2クラスに分級しております。分級後は、従来の教室に1、2年生68名が入級し、新教室には3年生29名が入級しております。今後、過密化が著しいすぎのこ学級などの過密化解消に努めてまいります。

子ども手当につきましては、中学生のいる家庭や所得制限により児童手当を受給していなかった保護者など、今回の制度により新たに支給対象となった保護者に対しまして、4月末に申請書を郵送し、受付を開始しております。第1回目の支給は、今月10日に口座振込により支給しており、支給件数は、4,861件、支給金額は、202,202,000円となりました。なお、受給要件を満たしていながら、まだ申請をされていない保護者に対しまして、申請催促のお知らせをしてまいります。

健康課

妊婦健診関係につきましては、14回分を公費助成し、3月末現在で交付者数は780名、助成回数は7,966回となりました。

特定健康診査につきましては、健診の結果、特定保健指導対象になった方々への指導を昨年7月から6カ月間行い、167名の生活習慣の改善を図りました。

新型インフルエンザ対策につきましては、ワクチン接種費の全額または一部の公費助成を3月末まで行い、接種者は6,978名、助成金額は10,800,750円となりました。

介護福祉課

高齢者の就労支援やコミュニティ増進を目的とした多賀城市シルバーワークプラザが完成し、4月1日に開館いたしました。4月中の利用者登録数は671名を数え、高齢者の新たな活動の場として御活用いただけるものと思っております。

また、平成24年秋に、高齢者の健康増進や社会参加、活力ある長寿社会の形成を目的として、第25回全国健康福祉祭(ねんりんピック)宮城・仙台大会が宮城県で開催されることになりました。3月16日付けで大会の基本構想が決定し、本市は「将棋」の文化交流大会開催地に決定しました。

国保年金課

昨年度から開始しました国民健康保険被保険者を対象とした脳検診助成事業につきましては、受診者の方々の利便性を図るため、今年度から、医療機関窓口で助成金額を差し引いた自己負担分のみで受診できる現物給付方式に変更しました。なお、対象者1,747名に対し4月15日に案内文書を発送し、5月末現在の助成希望者は、432名となっております。

建設部

次に、建設部について申し上げます。

都市計画課

市営住宅に空きが生じたときのために、次の入居者を事前に決定しておく市営住宅入居補欠者募集を今月14日から18日まで実施しております。

また、高橋四丁目地内に建設中の借上市営住宅につきましては、市営山王住宅に入居されている方への入居説明会を4月28日に実施しました。市営山王住宅からの移転者が確定した後、それ以外の入居者の募集を7月中に実施する予定です。

多賀城駅周辺整備課

宮城県が施行している仙石線多賀城地区連続立体交差事業につきましては、3月31日付けで事業期間を平成26年3月31日まで2年間延長する事業認可変更手続きが完了したことにより、同時施行である多賀城駅周辺土地区画整理事業につきましても、事業期間延伸の変更手続きなどを進めていく予定です。

道路公園課

市道鶴ヶ谷団地一号線外2線道路改良工事及び市道志引団地十三号線外1線舗装工事の2件を発注しております。

また、市民や本市を訪れる方々に憩いと安らぎを与えるため、今年度から多賀城駅前と国府多賀城駅前に、花の樽鉢及び花苗を提供していただくスポンサーを募集しており、5月末現在で17団体、23口の申込みがありました。

下水道部

次に、下水道部について申し上げます。

建設事業につきましては、起債事業で汚水桝設置工事等を2件、単独事業で高崎除塵機設備移設工事等を3件発注しております。

教育委員会

次に、教育委員会について申し上げます。

教育総務課

学校施設の耐震化につきましては、天真小学校及び第二中学校の第1期分の地震補強等工事が3月19日に完了しました。なお、第2期分につきましては、3月4日に契約を締結し、工事に着手しております。

また、多賀城東小学校の安全管理対策工事につきましては、2月26日に工事が完了しました。3期校舎及び屋内運動場の窓ガラスを強化ガラスに変更するとともに、不審者侵入防止のため、外周フェンスを1m嵩上げし、防犯カメラを8カ所に設置しております。

山王小学校の児童数増加に伴う普通教室への改修工事につきましては、3月19日に完了しました。

第二中学校及び多賀城八幡小学校の校庭防球ネットフェンス設置工事につきましては、それぞれ1月31日及び3月29日に完了しました。第二中学校には高さ10m、多賀城八幡小学校には、第二中学校のネットを再利用し、高さ7mの防球ネットフェンスを設置しております。

平成21年度の繰越事業である小・中学校太陽光発電設備設置工事につきましては、3月29日及び5月26日に契約を締結し、工事に着手しております。

同じく繰越事業である城南小学校屋内運動場の大規模改造工事につきましては、3月30日に契約を締結し、工事に着手しております。

生涯学習課

3月5日から同月7日までの3日間、利用者が学びの成果を発表する「文化センターまつり」を開催し、2,702名の来場者がありました。

3月31日に、山王地区公民館体育館の改修工事が完了したことを記念し、落成式を行いました。式では、山王小学校の「ほなみ合唱団」と第二中学校の吹奏楽部による記念演奏会が行われました。

放課後子ども教室につきましては、多賀城小学校が4月23日から、また、今年度からは多賀城八幡小学校を追加し5月10日から、それぞれスタートしております。

東北学院大学との連携事業として、大学公開講座を5月19日に開講し、60名の受講がありました。7月7日までの毎週水曜日、全8回のカリキュラムで実施されております。

文化財課

3月18日、平成21年度第2回文化財保護委員会が開催され、市指定文化財の候補として、天童家文書について諮問した結果、指定すべきであるとの答申を受けました。その後、5月27日の教育委員会において、市指定文化財として決定いたしました。

3月24日、特別史跡多賀城跡附寺跡第3次保存管理計画にかかる第2回策定委員会を開催し、策定の目的と方針について審議していただきました。

多賀城史遊館では、資料展「くらしの中の甕」を3月21日から5月30日まで開催しました。発掘されたものから現代のものまで、暮らしの中でさまざまな用途に使われていた様子を紹介したもので、開催期間中の入館者数は806名でした。

なお、埋蔵文化財調査センター展示室につきましては、多賀城跡調査50周年記念事業として開催する特別展「発掘された日本列島2010」の準備のため、4月1日から9月13日まで臨時休館としております。

上水道部

最後に、上水道部について申し上げます。

4月に水道料金の引き下げを行いました。今回の料金引き下げは、仙南・仙塩広域水道用水の受水料金が値下げされたこと及び経営の効率化と経費節減により可能となったもので、水道事業を開始してから初めての値下げとなったものです。

今月1日から7日までの間、「水道に 寄せる信頼 飲む安心」をスローガンとした第52回水道週間が開催され、今月4日には、本市の水源である七ヶ宿ダム湖畔クリーン作戦に参加しました。また、公用車に「安全・安心な水道水」のステッカーを貼りPRに努めるとともに、水需要の回復及び拡大を図っております。

今月13日に開催された多賀城市総合防災訓練においては、本市と「災害時における水道施設等の応援に関する協定」を締結する多賀城市管工事業協同組合との連携により、水道管応急復旧訓練及び応急給水訓練を行いました。

結び

以上、第1回定例会以降、今日までの行政の概要を申し述べましたが、今後とも議員各位の御支援、御協力をいただきながら、施策の遂行に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

よくある質問

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?