ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 総合計画 > まちづくり懇談会

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

まちづくり懇談会

まちづくり懇談会とは

まちづくり懇談会は、将来都市像や今後の行政の取組方針等を掲げ、平成23年度を初年度とする第五次多賀城市総合計画に、多くの市民の意見等を反映するために設置した懇談会です。

参加する市民が主体となって、「将来都市像」「まちづくりの課題」「まちの目指す姿の実現に向けた市民等の役割に関すること」等を検討し、市に提言・提案を行っていただくことを目的として開催してきました。

まちづくり懇談会の構成

まちづくり懇談会は、「多賀城市をより良くしたい」という意志を持つ方なら、誰でも、いつからでも参加できる会議・懇談の場として運営し、500名を越える方々の参加がありました。

また、会議の開催に当たっては、議論をより深めるために、全体会のほかにまちづくりの分野に対応した5つの分科会を設け、それぞれで検討を進めました。

まちづくり懇談会の分科会

分科会

分野

担当・進行役の先生
(専門分野)

全体

-

柳井 雅也 教授
(産業立地)

安全分科会

都市計画、防災活動、公共交通や交通問題など

宮城 豊彦 教授
(防災)

健康分科会

子育て、高齢者福祉、障害者福祉、地域による支え合いの福祉など

増子 正 教授
(地域福祉)

教育分科会

教育、文化活動、スポーツ活動、国際化の推進、文化財保護など

水谷 修 教授
(生涯学習)

環境分科会

公園整備、緑化活動、自然環境の保全、ごみの減量、リサイクルの推進など

和田 正春 准教授
(マーケティング)

活気分科会

観光振興、工業振興、商業振興、農業振興、文化財の活用など

岩動 志乃夫 教授
(商業地理)

まちづくり懇談会の経過

まちづくり懇談会では、大きく分けて次の4つの項目について、検討・確認を行いました。

  1. 『将来の多賀城』の検討
  2. 『将来の多賀城』の確認
  3. 『まちの目指す姿と成果指標』の確認
  4. 『目指す姿を実現するための取組』の検討

具体的な開催経過は、まちづくり懇談会開催経過一覧表(PDF:43KB)のとおりです。

東北学院大学との連携による会議運営

多賀城市と東北学院大学では、協力してまちづくりを進めていくために、平成19年11月2日に、多賀城市の地域産業や文化振興、地域活動等に関して、包括的な連携協力に関する協定を締結しています。

まちづくり懇談会では、多賀城市と東北学院大学で締結している「多賀城市の地域産業や文化振興、地域活動等に関して、包括的な連携協力に関する協定」に基づき、東北学院大学の次の6名の教授等の協力を得て、当該教授に会議の進行役などを務めていただき、会議を進めてきました。

  • 全体コーディネーター 教養学部 教授 柳井 雅也
  • 安全分科会進行役 同学部 教授 宮城 豊彦
  • 健康分科会進行役 同学部 教授 増子 正
  • 教育分科会進行役 同学部 教授 水谷 修
  • 環境分科会進行役 経営学部 准教授 和田 正春
  • 活気分科会進行役 教養学部 教授 岩動 志乃夫

目指す姿を実現するための取組「市民創造のまちづくりプラン」

まちづくり懇談会では、第五次多賀城市総合計画に掲げる将来都市像等を実現するための市民の取組として、市民創造のまちづくりプランを策定し、市に対して提言しています。

「市民創造のまちづくりプラン」

多賀城市が第五次多賀城市総合計画に掲げる将来都市像と、それを実現するための施策や基本事業の目指す姿を実現するため、そして、それらの取組の進み具合を表す「ものさし」となる成果指標をより向上させていくためには、私たち市民がまちづくりに積極的に関わっていくことが必要となります。

わたしたちは、まちづくり懇談会を通じて、市民のまちづくりへの関与の必要性を十分認識し、市民がまちづくりの主役となって、より良い多賀城を築いていくために具体的に取り組んでいける行動や取組を、『市民創造のまちづくりプラン』(PDF:1,792KB)としてまとめました。

市民に行動を強いるものではありませんが、検討した行動や取組が市民発意で展開され、その活動を行政がサポートするという「協働」関係がたくさん花開く多賀城市になればと考えています。

なお、市民創造のまちづくりプランは、まちづくり懇談会の5つの分科会(安全分科会、健康分科会、教育分科会、環境分科会、活気分科会)の分野ごとにそれぞれ検討し、取りまとめました。

まちづくり懇談会提言書

平成21年3月14日から平成22年7月23日まで検討を重ねてきたまちづくり懇談会の成果となる提言書については、まちづくり懇談会提言書(PDF:3,750KB)のとおりです。

市民創造のまちづくりプランの「これから」

まちづくり懇談会に開催当初から参加している方やまちづくりに関心のある方々により、市民創造のまちづくりプランを実現しようという動きが活発になっています。

『未来を育むまち 史都 多賀城』を実現するための市民の取組に関心がある方は、ぜひご連絡ください。

ひまわりプロジェクト

各地区で行われている防犯・防災活動に取り組む方々とのふれあいやコミュケーションを通じて、こうした活動に関する工夫点や改善点などを市内の多くの方々に発信し、市民レベルで「どこでも安心、笑顔あふれるまち」を目指しています。

具体的には、各地区で行われている防犯・防災活動に参加し、その体験内容(工夫点や改善点など)を市民記者となって広報多賀城などを活用して紹介する取組を行っています。

さしすせそプロジェクト

『多賀城市の史跡や文化財を活かし、市民の健康づくりを推進する』、『ノーマライゼーションの理念を市民に広める』ことを目指して活動しています。

ウォーキングを通じ、自己の健康状況と、多賀城のこと(歴史や道路の状況など)を改めて発見することや、障害者の視点に気づき、ノーマライゼーションということについて考えることを目的としたウォーキングイベントを実施しています。

月に1回程度、市民活動サポートセンターを中心に活動しています。

環境の鉄人育成プロジェクト

市民一人ひとりが環境の鉄人となることと、環境日本一のまちを目指し、環境に関するイベントや勉強会などを開催するよう、企画検討を行っています。

関連ページについて

第五次総合計画に関する情報は、次のページにも掲載しております。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?