ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 総合計画 > 第五次多賀城市総合計画 > 第五次多賀城市総合計画の基本構想概要

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

第五次多賀城市総合計画の基本構想概要

第五次多賀城市総合計画は、本市が目指す将来都市像を明らかにし、その実現に向けたまちづくりの方針と方向性、基本的な取組を定める長期計画(平成23年度から平成32年度までの10年計画)です。

多賀城市の将来ビジョンなどを定める第五次多賀城市総合計画基本構想の概要について、お知らせいたします。

 基本構想とは

基本構想は、多賀城市の将来ビジョンなどを定めたまちづくりの指針となるものです。

具体的には、10年後のまちの姿(将来都市像)、将来想定される人口(将来推計人口)、土地利用の方向性(土地利用構想)、まちづくりの方向性(政策大綱)を定めたもので構成しています。

 将来都市像について

将来都市像

未来を育むまち 史都 多賀城 ~支えあい・学びあい・育ちあい~ ~あなたの笑顔が多賀城をすてきにする~

将来都市像の内容

少子高齢化や人口減少など、社会環境が大きく変化していく中にあっても、先人から受け継いだ悠久の歴史を生かしながら、誰もが地域で、互いに支えあい、学びあい、力を合わせて成長しあい、また、誰もが主役になって未来に向かってまちづくりを進めていく『まち』となることを目指します。

将来都市像の具体的なイメージ

具体的には、次のイメージ図のようなまちを目指します。

将来都市像イメージ

 将来推計人口について

将来推計人口

平成32年度における多賀城市の人口を63,300人と想定します。

将来推計人口の構成割合

これまでの人口の推移と将来推計人口における年齢3区分別人口構成割合は、次のとおりです。

年齢3区分別人口構成割合

人口の推移と推計(単位:人)

区分

平成12年度

平成16年度

平成20年度

平成24年度

平成28年度

平成32年度

15歳未満

10,018

9,866

9,736

9,404

8,928

8,477

15~64歳

43,378

43,272

42,475

41,849

40,358

39,215

65歳以上

7,570

9,106

10,744

12,357

14,366

15,613

多賀城市推計

 土地利用構想について

土地利用の基本方針

将来都市像を実現するために、自然的、歴史的、社会的特性を踏まえながらまちづくりを進めるに当たって、次の区分別の基本方針のもと、計画的かつ効率的な、調和のある土地利用を促進します。

農用地

農用地は、生産の場としての機能のほか、自然環境保全や保水など多面的な機能を有しています。そのため、生産性の向上と効率的な利用を促進し、優良農地として保全・確保を図ります。

住宅地

住宅地は、今後の世帯数の伸びや道路整備などの都市化の進展を踏まえ、計画的に誘導していきます。

工業地

工業地は、既存の工業団地の有効利用と新たな需要に適切に対応できるような土地利用を促進します。

商業地

商業地は、地域の特性に応じて適正に配置され、また、高度利用や効率的利用が行われるような土地利用を促進します。

公共施設用地等

市民生活に必要となる公共施設用地等は、市民ニーズや社会環境の変化を踏まえながら、計画的な利用に努めます。

土地利用のゾーニング

土地利用の基本方針に基づき、まちづくりを進めていくために、次の図のように市域を機能別に区域分けして、効果的で効率的な土地利用を図っていきます。

土地利用ゾーニング

中心市街地活性化ゾーン

JR仙石線多賀城駅周辺一帯が史都市心の顔、都市の拠点として形成されるよう、土地の高度利用と有効活用を図るとともに、都市基盤の整備や都市機能の充実を推進する区域です。

歴史・文化・自然交流ゾーン

市民を含めて多くの来訪者が訪れるよう、悠久の歴史と新たな文化が発信され、やすらぎと憩いが提供されるための土地利用を図る区域です。

交通結節点活用ゾーン

(仮称)多賀城インターチェンジを基軸とした都市的土地利用の可能性を踏まえ、農業を中心として、商業、観光とも連動する第六次産業等が展開されるよう、環境整備を促進する区域です。

農業ゾーン

優良農地として保全を図るとともに、水田を利用した大豆等の集約的生産や、施設野菜や花卉園芸などの高生産性農業が展開されるよう、農地集積や基盤整備を促進する区域です。

工業ゾーン

市民の働きの場を確保するとともに、進出企業の需要等に対応していくための核として位置付け、環境に配慮ある新たな産業の創造を促進する区域です。

 政策の大綱について

次の7つの政策と、それに連なる32の施策によって、将来都市像の実現を目指します。

安全で快適に暮らせるまち

基本方針

災害に対する備えを充実し、犯罪を未然に防ぐ環境整備を進めるとともに、個人・地域での取組を促進することにより、誰もが安全に安心して暮らすことができるまちを目指します。

また、交通環境の充実や計画的な都市基盤の整備により、快適に暮らせるまちを目指します。

施策

政策を実現するため、次の8つの施策に取り組みます。

  1. 災害対策の推進
  2. 防犯対策の推進
  3. 安全な消費生活の確保
  4. 交通安全対策の推進
  5. 交通環境の充実
  6. 市域の整備
  7. 中心市街地の整備
  8. 安全で安定した水の供給

元気で健やかに暮らせるまち

基本方針

健康づくりや各種福祉行政を推進するとともに、地域が主体となった支えあいの輪を広げ、誰もが住み慣れた地域で、健康で生きがいのある生活を送ることができるまちを目指します。

また、少子高齢化・人口減少社会の到来に対応し、子育て環境の充実や社会保障制度の健全運営を図ります。

施策

政策を実現するため、次の6つの施策に取り組みます。

  1. 地域福祉の推進
  2. 健康づくりの推進
  3. 子育て支援の充実
  4. 高齢者福祉の推進
  5. 障害者(児)福祉の推進
  6. 社会保障等の充実

歴史・文化を継承し 豊かな心を育むまち

基本方針

次代を担う子どもたちが心身ともに健全に育つよう、学校、家庭、地域が連携し、それぞれの役割を果たしながら子どもたちを育んでいく社会の実現を目指します。

また、誰もが豊かな人生を送れるように、学習・文化・スポーツ活動を実践でき、その成果を生かすことができる社会の実現を目指します。

本市の大きな財産である文化財が適切に継承され、市民が歴史と文化に誇りを持てるまちを目指します。

施策

  1. 政策を実現するため、次の5つの施策に取り組みます。
  2. 学校・家庭・地域の連携による教育力の向上
  3. 学校教育の充実
  4. 生涯学習の推進
  5. 市民スポーツ社会の推進
  6. 文化財の保護と活用

環境を大切にする心を育むまち

基本方針

衛生環境や水質環境の維持・向上に努め、誰もが快適で衛生的な生活を営むことができるまちを目指します。

また、自然環境や地球環境を守るため、循環型社会の形成を進めるなど、環境への負荷が少ないまちを目指します。

環境保全には何よりも一人ひとりが意識を高め、行動していくことが大切です。そのため、意識啓発をはじめとした取組を推進していきます。

施策

政策を実現するため、次の3つの施策に取り組みます。

  1. 環境との共生
  2. 生活環境の保全
  3. 資源循環型社会の形成

集い つながり 活気あふれるまち

基本方針

担い手の育成や経営基盤の強化、農業・商工業・観光の連携に基づく地産地消の促進などにより地域産業の活性化を図るとともに、市内外への情報発信や市民主体のイベントの活発化により観光を振興し、活気あふれるまちを目指します。

また、本市の恵まれた地理的特性を生かして既存工業団地の発展を支援するとともに、企業立地を促進し、安定した雇用の確保を図ります。

施策

政策を実現するため、次の4つの施策に取り組みます。

  1. 農業の振興
  2. 商工業の振興
  3. 企業誘致の推進
  4. 観光の振興

心がかよう地域の絆を育むまち

基本方針

豊かで魅力のある、そして住み良いまちの実現のためには、地域力の向上が不可欠です。そのため、地域コミュニティが充実するとともに、市民活動が活発化し、地域で自主的・主体的にまちづくりが行われる社会を目指します。

また、市民と行政とのパートナーシップを確立し、協働でまちづくりを推進していくことを目指し、広聴広報を充実し、地域情報や市政情報の共有に努めます。

施策

政策を実現するため、次の3つの施策に取り組みます。

  1. 地域コミュニティの充実
  2. 市民活動の充実
  3. 開かれた市政の推進

理解と信頼で進める自律したまち

基本方針

将来都市像の実現に向け、限られた資源の中で着実にまちづくりを推進していくため、施策の成果を把握・分析・公表し、市民の理解を得ながら、効果的で効率的な行財政経営を行っていきます。

また、めまぐるしく変化する社会環境と多様化する行政課題に迅速・適切に対応できる組織の構築と人材の育成とを図り、適正な事務の執行と市民サービスの向上に努めます。

施策

政策を実現するため、次の3つの施策に取り組みます。

  1. 適正な事務の執行とサービスの提供
  2. 人事・組織マネジメント
  3. 効果的・効率的な行財政経営の推進

 関連ページについて

第五次多賀城市総合計画に関する情報は、次のページにも掲載しております。

よくある質問

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?