ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 総合計画 > まちづくり報告書 > 平成27年度多賀城市まちづくり報告書

ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

平成27年度多賀城市まちづくり報告書

 多賀城市まちづくり報告書とは

第五次多賀城市総合計画の施策および基本事業について、成果指標の状況やその原因分析等の評価結果を施策毎に示したもので、平成27年度分の報告書として作成したものです。

第五次多賀城市総合計画とは

平成23年度から平成32年度の10年間を計画期間とし、平成23年3月に策定したもので、多賀城市が目指すまちの姿を明らかにし、その実現に向けて戦略的に行政経営を進めていくための指針となる計画です。

第五次多賀城市総合計画では、目指すまちの姿を実現するための具体的な手法として、政策、施策、基本事業、事務事業という階層的な体系を設定しています。

成果指標

施策や基本事業の目指す姿を設定し、その実現具合を測る「ものさし」のこと。

数値で表すことで、総合計画の進み具合や事業の成果を客観的に把握し、分析することができます。

成果指標の状況は、毎年市民3,000人を対象にして実施している「まちづくりアンケート」で取得するものや、通常の業務内で取得するものがあります。

 施策・基本事業の動向

グラフの見方について

施策と基本事業の成果指標の平成26年度から平成27年度にかけての推移状況並びに目標値からの進捗状況を総合的に判断し、次の区分に分類しました。

  • 晴れ(向上):数値(成果)が向上しているもの。
  • 晴れ(横ばい):数値(成果)は横ばいだが、横ばいであることが望ましいもの。
  • 曇り(横ばい):数値(成果)が横ばいであるもの。
  • 雨(低下):数値(成果)が低下しているもの。
  • 未設定等:成果で表すことが適さないもの。もしくは平成26年度の指標値を取得していないもの。

施策の動向の割合

施策では「晴れ(向上)」が全体比率の38%と最も多く、次いで、「曇り(横ばい)」が27%、「晴れ(横ばい)」が22%、「雨(低下)」が13%の順となっています。

h27sesaku

基本事業の動向の割合

基本事業については、「晴れ(横ばい)」が全体比率の41%と最も多く、次いで「晴れ(向上)」が31%、「曇り(横ばい)」が19%、「雨(低下)」が9%の順となっています。

h27kihonn

 政策ごとの状況

施策と基本事業の成果指標を「政策」ごとにまとめた政策別の状況は下のグラフのとおりとなっています。

政策ごとに指標数や指標の性質等は異なるものの、「晴れ(向上)」および「晴れ(横ばい)」の指標割合が多い政策は、政策3「歴史・文化を継承し豊かな心を育むまち」、政策2「元気で健やかに暮らせるまち」、政策1「安全で快適に暮らせるまち」の順となっています。

また、震災の影響により低下していた基本事業においては、一部震災からの復旧により改善している事業もありますが、依然として震災の影響を受け指標が低下している事業も見受けられます。

h27doukou

指標の動向の割合(政策別)

政策名

晴れ(向上)

晴れ(横ばい)

曇り(横ばい)

雨(低下)

政策1

15%

32%

14%

2%

政策2

12%

12%

6%

2%

政策3

20%

10%

6%

2%

政策4

5%

6%

6%

1%

政策5

3%

8%

7%

5%

政策6

4%

7%

5%

1%

政策7

11%

9%

1%

9%

政策ごとの成果が向上した・低下した主な基本事業等

政策名

向上した主な基本事業等

低下した主な基本事業等

政策1(安全で快適に暮らせるまち)

避難道路の整備割合

橋梁耐震化率

水質等に係る苦情件数

市民による飲酒運転事故発生件数

政策2(元気で健やかに暮らせるまち)

福祉活動を行っている団体・事業者数

乳幼児健診の平均受診率

生きがいを持っている高齢者の割合

一人あたり医療費

政策3(歴史・文化を継承し豊かな心を育むまち)

青少年育成活動事業の延べ参加者数

文化センター等での芸術文化の鑑賞者数

学習機会が充足していると思う市民割合

政策4(環境を大切にするまち)

ごみ排出に関する市民からの苦情件数

自然環境保全事業等の参加者数

政策5(集いつながり活気あるまち)

誘致や立地支援策により、市内への新規進出が決定している事業所数

観光協会のホームページアクセス数

市民主体の観光振興事業数

政策6(心がかよう地域の絆を育むまち)

安全性や利便性が改善された活動拠点数

市政に対する市民の意見・声を伝える場や機会に満足している市民割合

なし

政策7(理解と信頼で進める自律したまち)

行政評価の考え方を意識して事業を推進している職員割合

定期監査時に指摘した事項数

組織間・組織内連携が十分に図られていると思う職員割合

平成27年度多賀城市まちづくり報告書

 関連ページについて

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?