ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 総合計画 > まちづくり報告書 > 平成26年度多賀城市まちづくり報告書

ここから本文です。

更新日:2016年9月15日

平成26年度多賀城市まちづくり報告書

 多賀城市まちづくり報告書とは

第五次多賀城市総合計画の施策及び基本事業について、成果指標の状況やその原因分析等の評価結果を施策毎に示したもので、平成26年度分の報告書として作成したものです。

第五次多賀城市総合計画とは

平成23年度から平成32年度の10年間を計画期間とし、平成23年3月に策定したもので、多賀城市が目指すまちの姿を明らかにし、その実現に向けて戦略的に行政経営を進めていくための指針となる計画です。

第五次多賀城市総合計画では、目指すまちの姿を実現するための具体的な手法として、政策、施策、基本事業、事務事業という階層的な体系を設定しています。

成果指標

施策や基本事業の目指す姿を設定し、その実現具合を測る「ものさし」のこと。

数値で表すことで、総合計画の進み具合や事業の成果を客観的に把握し、分析することができます。

成果指標の状況は、毎年市民3,000人を対象にして実施している「まちづくりアンケート」で取得するものや、通常の業務内で取得するものがあります。

 施策・基本事業の動向

グラフの見方について

施策と基本事業の成果指標の平成25年度から平成26年度にかけての推移状況並びに目標値からの進捗状況を総合的に判断し、次の区分に分類しました。

  • 晴れ(向上):数値(成果)が向上しているもの。
  • 晴れ(横ばい):数値(成果)は横ばいだが、横ばいであることが望ましいもの。
  • 曇り(横ばい):数値(成果)が横ばいであるもの。
  • 雨(低下):数値(成果)が低下しているもの。
  • 未設定等:成果で表すことが適さないもの。もしくは平成26年度の指標値を取得していないもの。

施策の動向の割合

施策では「晴れ(横ばい)」が全体比率の49%と最も多く、次いで「晴れ(向上)」が24%、「曇り(横ばい)」が22%、「雨(低下)」が5%の順となっています。

H26sesaku01

基本事業の動向の割合

基本事業については、「晴れ(横ばい)」が全体比率の51%と最も多く、次いで「曇り(横ばい)」が23%、「晴れ(向上)」が22%、「雨(低下)」が4%の順となっています。

H26kihonjigyou01

 政策ごとの状況

施策と基本事業の成果指標を「政策」ごとにまとめた政策別の状況は下のグラフのとおりとなっています。

政策ごとに指標数や指標の性質等は異なるものの、「晴れ(向上)」及び「晴れ(横ばい)」の指標割合が多い政策は、政策1「安全で快適に暮らせるまち」、政策5「集い つながり 活気あふれるまち」の順となっています。

また、震災の影響により低下していた基本事業においては、一部震災からの復旧により改善している事業もありますが、依然として震災の影響を受け指標が低下している事業も見受けられます。

H26wariai01

指標の動向の割合(政策別)

政策名

晴れ(向上)

晴れ(横ばい)

曇り(横ばい)

雨(低下)

政策1

16%

39%

10%

1%

政策2

4%

21%

9%

3%

政策3

12%

12%

19%

1%

政策4

3%

10%

2%

3%

政策5

6%

14%

5%

0%

政策6

2%

11%

6%

1%

政策7

11%

15%

5%

2%

政策ごとの成果が向上した・低下した主な基本事業等

政策名

向上した主な基本事業等

低下した主な基本事業等

政策1(安全で快適に暮らせるまち)

各地区自主防災訓練実施率

中心市街地における空き店舗数

水質等に係る苦情件数

政策2(元気で健やかに暮らせるまち)

各種予防接種率

国民健康保険の現年度収納率

自然、社会、文化等の体験をしやすい環境が整っていると思う保護者割合

親や配偶者以外に、身近に子育ての相談をできる人がいる保護者割合

政策3(歴史・文化を継承し豊かな心を育むまち)

学校支援事業回数

放課後の安全な子どもの居場所・遊び場があると思う保護者割合

登下校時の事故・事件に巻き込まれた児童・生徒数

政策4(環境を大切にするまち)

生活排水人口処理率(水洗化率)(浄化槽+公共下水道)

分別・リサイクルに取り組んでいる市民割合

事業系ごみの年間排出量

資源化量・資源回収量

政策5(集いつながり活気あるまち)

4ha以上の農地を耕作する農家数

観光協会のホームページアクセス数

なし

政策6(心がかよう地域の絆を育むまち)

自治会・町内会活動に対する行政支援メニュー数

安全性や利便性が改善された活動拠点数

地域経営基盤構築のための自治会・町内会等との協議回数

政策7(理解と信頼で進める自律したまち)

行政評価の考え方を意識して事業を推進している職員割合

市税等の収納率

例月出納検査時に指導された件数

定期監査時に指摘した事項数

まちづくりアンケート調査票・集計結果

平成26年度多賀城市まちづくり報告書の全文及び成果指標の状況の値の元となった「まちづくりアンケート」の調査票及び過去5年分の集計結果については、次のとおりです。

 関連ページについて

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室行政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:212~214)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?