ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 食品衛生 > 食材の放射能測定

ここから本文です。

更新日:2017年5月17日

食材の放射能測定

市民の皆さんの放射能による食材の不安を少しでも解消していただくため、自家消費用に栽培した農産物などの放射性物質の簡易測定を実施します。測定には事前の申し込みが必要です。なお、販売品や販売目的のものは対象外です。

申込方法

対象者

市民(多賀城市に住民登録している方)

予約受付時間

8時30分から17時15分まで

土曜日・日曜日・祝日・年末、年始の休日を除く

測定費用

無料

予約申込

  • 持込日指定の予約制です。(1日の受付件数は5件です。)
  • 持込希望日の2週間前から2日前(休日を除く)までの空いている日に予約できます。
  • 事前に生活環境課へ直接または電話でお申し込みください。
  • 市役所2階活環境課022-368-1141線232・233

測定方法

測定機器

NaIシンチレーションスペクトロメータ(EMFジャパン株式会社製)による簡易測定です。

測定品目

1回の申し込みにつき、測定できる食材は1種類です。

  • 自家消費用に栽培した野菜など
  • 自家消費用に採取した山菜・きのこ・魚類など
  • 飲料用の井戸水、湧き水など

測定できないもの

  • 流通している食材(スーパーなどで購入した食材)
  • 販売が目的のもの
  • 水道水
  • 採取場所が不明なもの

持込場所

東北緑化環境保全株式会社環境分析センター(桜木3丁目8番22号)へ直接持ち込んでください。

持込場所の地図は、東北緑化環境保全株式会社のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

持込時間

持込指定日の9時から11時まで

持ち込みする食材の事前準備

固形の食材

測定には500ミリリットル(500グラム)必要です。食材の量が少ないと測定できない場合があります。少し余分にお持ちください。

野菜・果物など

  • 水洗いで土をきれいに落とします。
  • 皮や根、種など通常食べない部分を取り除いてから、1センチ程度のみじん切りにします。
  • 未使用のビニール袋に入れてください。

魚類など

  • 水洗いで汚れをきれいに落とします。
  • ウロコ、頭、皮、骨など通常食べない部分を取り除いてから、1センチ程度のみじん切りにします。
  • 未使用のビニール袋に入れてください。

液体の食材

水道水で3回程度すすいだペットボトルに入れてください。

果汁など

  • 測定には500ミリリットル必要です。

井戸水、湧き水など(水道水は除く)

  • 測定には1,000ミリリットル必要です。

測定後の食材

市で処分します。

測定結果

測定結果

測定結果は、後日生活環境課でお渡しします。

簡易測定器のため、測定結果は目安であり、公的な証明として使用できません。

測定結果の公表

測定結果は、下記のデータをご覧ください。

平成24年度多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(PDF:42KB)

平成25年度多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(PDF:37KB)

平成26年度多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(PDF:28KB)

平成27年度多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(PDF:25KB)

平成28年度多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(PDF:22KB)

平成29年度多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(PDF:20KB)

多賀城市市民持込食材放射性物質測定結果(多賀城市内で採取された食材のみ)(PDF:28KB)

この結果は、広報多賀城および宮城県のホームページでも公表します。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部生活環境課総務企画係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:232・233)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?