ホーム > くらし・手続き > 防災・防犯 > 防災 > 災害対応型自動販売機の設置

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

災害対応型自動販売機の設置

事業の概要

災害発生時における飲料水等の無償提供支援体制を構築するため、公募により市庁舎1階ロビーに災害対応型自動販売機を設置することとしました。

また、来庁者へのサービスとして、開庁時間中に水と湯を無料で提供できることを条件として事業者を募りました。

災害対応型自動販売機 無償提供品目

 設置事業者

申込みのあった企画提案について、災害対応型自動販売機設置事業企画提案選定委員会における審査の結果、次の事業者を設置事業者に決定し、平成25年11月1日から稼動しております。

事業者 株式会社 アペックス

所在地 愛知県大府市柊山町二丁目418番

 災害時における飲料の供給

災害の規模や程度により本市が必要と判断した場合、設置時に締結した協定に基づき、当該自販機による飲料の無償提供支援を受けることとなっています。

 事業実施に伴う物資の供給

設置事業者から当該自販機で使用した紙カップ40個につき、リサイクルトイレットペーパー1個を無償提供いただくこととなっており、本市の施設で使用する予定になっています。

よくある質問

お問い合わせ

総務部管財課管財契約係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:461~463)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?