ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木 西園寺の山紅葉

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

保存樹木 西園寺の山紅葉

  • 指定番号 20
  • 樹種 ヤマモミジ、カエデ科、カエデ属
  • 樹高 10.80m
  • 胸高周囲 2.63m
  • 推定樹齢 190年
  • 所在地 笠神1丁目63
  • 所有者 西園寺

西園寺の山紅葉

このモミジは享保16年(1731年)に臨済宗黄竜山西園寺が、現在の多賀城公園に寺を中興開山し、寺敷地内に植えられていたものです。

昭和17年海軍工廠の施設設置に伴い、西園寺は現在地に移転しましたが、モミジも同時に移植されたものです。

このモミジは、いつ植えられたのかは不明ですが(中興開山後、60~70年位後に植えられたものと思われます。)、推定樹齢約180年位と思われ、多賀城の学問の場(寺子屋)として初の場所である西園寺に植えられている歴史のある樹木です。

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部道路公園課管理係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:431~433)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?