ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木 天満宮の椎の木

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

保存樹木 天満宮の椎の木

  • 指定番号 18
  • 樹種 シイ、ブナ科、シイノキ属
  • 樹高 22.10m
  • 胸高周囲 2.75m
  • 推定樹齢 250年
  • 所在地 留ヶ谷1丁目
  • 所有者 天満宮

天満宮の椎の木

留ヶ谷一丁目地内に、こんもりした杉木立の中に地元の人から「太郎天神」と呼ばれている天神社があります。

安永3年(1775年)地元の肝入(区長のような役職)が書いた風土記御用書出によると、「村の鎮守として現在の場所に鎮座している」と書かれていますが、もとは留ヶ谷に古くから居住する桜井家の内神であったそうです。

この天神がいつから現在の場所に遷座され、村の鎮守となったのかは明らかでありません。

風土記には、周りが約4.3mと約3.8mの杉の巨木が生えていると記載されていますが、現在は見ることができません。これに変わる樹木として、シイの木があります。

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部道路公園課管理係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:431~433)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?