ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木 陸奥総社宮の老杉

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

保存樹木 陸奥総社宮の老杉

  • 定番号 5
  • 樹種 スギ、スギ科、スギ属
  • 樹高 25.60m
  • 胸高周囲 4.88m
  • 推定樹齢 620年
  • 所在地 市川字総社1
  • 所有者 陸奥総社宮

陸奥総社宮の老杉

江戸時代仙台藩によってつくられた塩釜街道の北側に接した陸奥総社宮境内の石の鳥居をくぐると石壇を囲むように杉の古木群があります。

その奥社殿東後方に生育する最大級の老杉は、落雷による損傷を受けてはいるものの壮大な樹姿を保ってます。

6本に分かれた梢枝は、枯損が目立ち、樹勢は衰えています。

陸奥総社宮は、醍醐天皇勅して陸奥国内100社を合祀した神社で、老杉は守護神の御神木として、正月にはしめなわをかけて奉祈しています。

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部道路公園課管理係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:431~433)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?