ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木 末の松山の黒松

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

保存樹木 末の松山の黒松

  • 指定番号 13
  • 樹種 クロマツ、マツ科、マツ属
  • 樹高 18.80m
  • 胸高周囲 3.48m
  • 推定樹齢 470年
  • 所在地 八幡2丁目無番地
  • 所有者 多賀城市

末の松山の黒松

臨済宗宝国寺のうしろの小高い丘に2本の巨大な老松が、いたわり合うように寄り添って立っています。

この地は、平安時代、近くの「沖の石」とともにみちのくの歌枕として、王朝歌人達の憧憬の的となった「末の松山」として有名です。昔は、南北に通ずる「あづま街道」沿に数十本の松並木があったと言われています。いつから2本だけとなったのかは、不明です。

契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

後拾遺集 清原元輔卿

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部道路公園課管理係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:431~433)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?