ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 多賀城市の環境 > 環境データ(地盤沈下)

ここから本文です。

更新日:2016年6月2日

環境データ(地盤沈下)

過去5年間ののデータをとりまとめたものを公表しています。

 地盤沈下とは

地盤沈下

地盤沈下とは、自然的・人為的な要因により、地表面が広い範囲にわたって徐々に沈んでいく現象をいいます。地盤沈下の被害として考えられるのは、建物などの抜け上がり、水路などの排水不良、ガス管・水道管などの地下埋設物の破損などがあります。

 水準測量

仙台平野地盤沈下調査水準測量として、国土交通省国土地理院、宮城県、仙台市、塩釜市、名取市、岩沼市、利府町および多賀城市が地盤沈下の変動を把握するため、昭和49年から共同で水準測量を実施してきましたが、近年の地盤沈下の状況を見ると安定していることから、平成18年度から国土交通省国土地理院の測量に合わせた隔年測量の実施となり、平成24年度以降は国土地理院の測量に合わせて3年ごとの測量実施(多賀城市の次回測量実施は平成30年度)となります。

水準測量調査結果

水準点変動量(単位mm)

地点箇所

平成18年度

平成20年度

平成22年度

平成24年度

平成27年度

累計

八幡一丁目

-2

-9

0

-257

32

-261

八幡二丁目

-3

-8

1

-256

-

-291

伝上山一丁目

-4

-10

-3

-291

32

-303

大代一丁目

-4

-7

1

-268

43

-252

栄四丁目

-4

-8

2

-296

43

-283

栄二丁目

-3

-7

2

-265

-

-293

桜木三丁目

-4

-7

1

-272

42

-260

中央二丁目

-2

-6

-2

-245

36

-238

高橋四丁目

-2

-9

-1

-254

28

-260

南宮字毛上

-2

-7

-1

-248

28

-250

新田字袋

0

-7

-1

-248

26

-250

高橋一丁目

-2

-7

-1

-256

28

-256

新田字西後

-3

-8

-2

-259

H25.11

廃止

-293

新田字新後

-2

-6

-1

-238

26

-237

南宮字庚申

-2

-6

-2

-254

H25.12

廃止

-283

南宮字町

-2

-6

-1

-249

27

-250

南宮字色の地

-1

-6

-1

-234

26

-233

留ヶ谷三丁目

-3

-9

-3

-268

35

-274

山王字北寿福寺

-2

-5

-2

-225

27

-224

浮島字宮前

-6

※(1)-29

-18

-272

32

-332

八幡字六貫田

-1

-7

0

-259

35

-250

浮島字高平

-4

-10

-5

-259

29

-292

山王字山王四区

-2

-7

-1

-254

27

-255

新田字中

0

-7

-2

-253

26

-258

※(1)浮島字宮前地点の異常点については、県道玉川岩切線工事に伴う水準点移設のためと考えられます。

「累計」は、平成13年度から平成27年度までの内、測定を実施した10年間の累計ですが、その間に新設または再設されたものについては、未表示としています。

※平成24年度の変動量は平成23年の東北地方太平洋沖地震の影響によるものと考えられます。

 地下水等の常時観測

地盤沈下と地下水の変動は深い関係にあることから、市内2箇所において地下水位の常時観測を実施していましたが、近年、地盤沈下量の沈静化が見られ直ちに地盤沈下による被害が生じる恐れはないと考えられることから、下記の常時観測所は廃止となりました。

なお、市内の地下水の汲み上げのほとんどが、農業用です。

  • 南宮地盤沈下常時観測所(平成25年12月廃止)(宮城東部衛生処理組合所有)
  • 新田地盤沈下常時観測所(平成26年1月廃止)(多賀城市上水道部所有)

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部生活環境課環境リサイクル推進係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:234~236)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?