ホーム > 市政情報 > 市が発注する仕事 > プロポーザル > 【募集終了】「史都多賀城」自然環境調査業務委託に係る公募型プロポーザル選定結果

ここから本文です。

更新日:2019年5月24日

【募集終了】「史都多賀城」自然環境調査業務委託に係る公募型プロポーザル選定結果

選定結果

「史都多賀城」自然環境調査業務について、公募型プロポーザル方式による選定の結果、次のとおり受託候補者を選定し、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定に基づき契約を締結しました。

受託候補者

事業者名:東北緑化環境保全株式会社

所在地:宮城県仙台市青葉区本町二丁目5番1号

参加事業者数

5事業者

実施した公募型プロポーザルに関する詳細は、以下のとおりです。

「史都多賀城」自然環境調査業務委託に係る公募型プロポーザルを実施します

「史都多賀城」自然環境調査業務の委託に当たり、公募型プロポーザルにより事業者を選定するため、次のとおり募集します。

業務の名称

「史都多賀城」自然環境調査業務

業務の目的

本市は、狭小な市域に加瀬沼を含む樹林地、水田や河川、運河や港湾エリアなど多様な地勢を有しており、非意図的に人が関わることで形成された悠久の歴史を刻む里山的自然環境が生活圏の中に点在している状況にあります。
そのような連続性とともに重層性を持ち、「未来の世代から託された共有財産」と言われる環境について、自分の住んでいる地域環境の過去と不確実な未来とを知り、保全・再生・活用することにより次世代へと継承していけるかを、環境と人間関係の一側面として捉え、考えていくことが必要です。
また、他方では、地球温暖化などによる気候変動の影響で、自然災害のリスクが増大傾向にあり、自然破壊を伴う莫大なコストをかけた開発対応による防災・減災、地域振興、生態系・環境保全などの複合的な共生社会への対策にも限界が見えてきています。
本業務では、このような現状を踏まえ、市域全域の生物・自然環境調査および社会・環境・経済など複合的に関連する多機能性を持つグリーンインフラストラクチャー(以下「グリーンインフラ」という。)の効用や可能性の現状を把握することにより、理想的な次世代環境の課題解決や地域創出に寄与できる資料を作成します。
なお、調査の各所に市民参加型の手法を一部取り入れることにより、当事者意識の高揚と理解や関心を高めることを目的とし、実施します。

主要な業務内容

  • 生物・自然環境全般に関する調査
  • グリーンインフラの防災・減災ポテンシャルを含めた多機能性の検証
  • 市民参加型調査
  • 市が主催する環境啓発イベントへのブース出展

その他、詳細な業務内容などについては、別紙『「史都多賀城」自然環境調査業務委託仕様書』をご覧ください。

実施要領など

各種様式

実施スケジュール

公募から契約締結までのスケジュールは、下表のとおりです。

なお、日程は都合により変更となる場合があります。

実施項目

日程

備考

公募開始 平成31年4月3日(水曜日) 市ホームページに
掲載
質問書の提出期限 平成31年4月8日(月曜日)17時  
質問書に対する回答日 平成31年4月9日(火曜日) 市ホームページに掲載
参加申込の提出期限

平成31年4月10日(水曜日)17時

 
一次審査結果通知(発送) 平成31年4月12日(金曜日)  
企画提案書などの提出期限 平成31年4月16日(火曜日)17時  
参加表明書提出後の辞退届の提出期限

平成31年4月18日(木曜日)15時

 
審査
(プレゼンテーションおよびヒアリング)
平成31年4月19日(金曜日)  
受託候補者の選定・審査結果通知(発送) 平成31年4月下旬  
契約締結 平成31年4月下旬  

質問への回答

平成31年4月8日(月曜日)までに受け付けた質問とその回答は以下のとおりです。

質問回答書(PDF:98KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部生活環境課環境リサイクル推進係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:234~236)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?