ホーム > くらし・手続き > 東日本大震災関連情報 > 復興情報 > 被災した車両及び船舶の処理状況

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

被災した車両及び船舶の処理状況

平成23年3月11日東日本大震災の津波により被災した車両及び船舶の処理状況をお知らせします。

 被災車両の処理

被災車両の保管場所への移動撤去

東日本大震災による津波で被災した車両の撤去については、宮城県内の津波被害のあった自治体の中で、いち早く移動撤去の作業に取りかかりました。

まず始めに、ライフライン確保の視点から、道路に漂着し積み重なった車両から移動撤去を開始し、その後、私有地等に漂着した車両の順に保管場所へ移動撤去しました。

積み重なった車両 積み重なった車両

被災車両保管場所

  • 日産宮城サービスセンター株式会社
  • 株式会社ゼロ仙台営業所仙台CSセンター
  • トヨタ輸送株式会社仙台営業所多賀城プール
  • 桜木グラウンド
  • 仙台港多賀城地区緩衝緑地運動広場
  • ポリテクセンター宮城駐車場
  • 東北ドック鉄工株式会社多賀城工場跡地

桜木グラウンド 仙台港多賀城地区緩衝緑地

クレーン車を使っての撤去

被災車両の移動撤去については、市が市内の民間事業者へ移動撤去の業務を委託しました。

私有地に漂着した被災車両の中には、津波のすさまじい勢いや流れにより車両同士が折り重なった状態のものや建物と建物の隙間に入り込んだ車両などもありました。

このような状態の車両の撤去は、市と災害時における応援協力に関する協定を締結していた多賀城市建設災害防止協議会の協力を得て、クレーン車を使って撤去しました。

撤去のようす

移動撤去後の処理

移動撤去した被災車両は、ナンバープレートの番号や車体番号から所有者を特定し、市が移動撤去し保管していることと車両の引き渡しを文書にてお知らせしました。

所有者から連絡のない車両及び所有者が特定できなかった車両については、災害対策基本法に基づき公示を行い、その公示の日から起算して6箇月を経過してもなお車両を返還することができない当該車両の所有権は、市に帰属となり市が最終処分しました。

被災車両搬出作業 被災車両搬出作業

被災自動車及び二輪車の処理状況

市内及び宮城県の各自治体における被災車両の推定発生台数等は、次の表のとおりです。

市内における被災自動車及び二輪車の処理状況(平成25年1月31日現在)

 

要処理台数
(推定発生台数)

保管場所への搬入台数

所有者引取台数

業者引渡台数

処理台数

自動車/国道

124

110

29

95

124

自動車/県道

221

221

4

217

221

自動車/市道・公園等

2,459

1,406

2,132

327

2,459

自動車/私有地

2,678

2,678

1,888

790

2,678

自動車/計

5,482

4,415

4,053

1,429

5,482

二輪車

74

74

0

74

74

合計

5,556

4,489

4,053

1,503

5,556

宮城県内における被災自動車の処理状況(PDF:46KB)

 被災船舶の処理

東日本大震災による津波で陸上に漂着した船舶についても、被災車両と同様に保管場所へ移動撤去しました。

移動撤去した被災船舶は、船体に記載されている登録番号により所有者を特定し、市が移動撤去し保管していることと船舶の引き渡しを文書にてお知らせしました。

所有者から連絡のない船舶については、被災車両と同様に災害対策基本法に基づき公示を行い、その公示の日から起算して6箇月を経過してもなお船舶を返還することができない当該船舶の所有権は、市に帰属となり市が最終処分しました。

市内における被災船舶の処理状況(平成25年1月31日現在)

市が移動撤去した数

保管場所への
移動撤去した数

所有者引取数

市が処分した数

9

9

9

1

8

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部生活環境課環境リサイクル推進係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:234~236)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?