ホーム > 健康・福祉 > 生活福祉 > 生活困窮者自立相談支援制度

ここから本文です。

更新日:2017年10月16日

生活困窮者自立相談支援制度

生活困窮者自立相談支援制度とは

生活保護を受給している方以外で、長く失業している方、引きこもりやニートで悩んでいる方、働いた経験がなく、就職が不安な方などの生活に問題を抱えている方を対象に、専門の相談支援員が問題解決のための支援を伴走型で行います。

本市では一般社団法人パーソナルサポートセンターに業務を委託しています。

詳しくは多賀城市自立相談支援窓口のパンフレット(PDF:440KB)をご覧ください。

利用対象者

ご利用は次の項目を満たす方が対象となります。

  • 多賀城市在住の方
  • 多賀城市に住所がある方

なお、生活保護を受けている方は対象となりません。

支援内容

自立相談支援事業

あらゆる相談を専門の相談支援員がワンストップで受けます。

相談を通じて問題を一つ一つ整理したうえで、一人一人に合った具体的な支援プランを作成し、困りごとの内容に応じて利用できる制度の紹介やハローワークなどの関係機関と連携して、問題からの脱却を一緒に目指します。

相談の一例

生活相談
  • 衣食住にかかわること
  • 健康にかかわること
  • 子育てや育児にかかわること
  • 家庭内の困りごと

など

就労相談
  • 求職情報提供
  • 履歴書の書き方や面接のアドバイス
  • 企業とのマッチング

など

住居確保給付金の支給

離職などにより住居を失った方、または失うおそれのある方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間家賃相当額(上限額あり)を支給します。

生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。

相談・問い合わせ

本庁舎1階生活支援課内に「自立相談支援窓口」を開設しています。

ご希望により、ご自宅などへの訪問による相談も行っております。

相談時間

平日8時30分から17時15分まで

相談料

無料

お問い合わせ

電話番号:022-368-1141(内線681)

ファクス:022-368-1747

Eメール:tagajo@personal-support.org

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部生活支援課支援調整係

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:131~134)

ファクス:022-368-1747

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?