ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ! > 新元号公表に際して

ここから本文です。

更新日:2019年4月11日

新元号公表に際して

新元号公表に際して

新元号を「令和」とすることが発表されました。

「令和」は、「万葉集」にある梅花の歌の序文「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」を典拠とする言葉であり、今回初めて我が国の国書から選ばれました。
「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味と、悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代に引き継いでいくといった願いが込められているとのことです。

本市は、東日本大震災からの復興に際し、地域の個性や魅力を活かした「文化創造都市」を掲げております。まさに今回の「令和」は、本市がこれから歩むべき道を温かく後押ししてくれる言葉であると感じております。

「万葉集」の代表的歌人である大伴家持は、赴任地である多賀城で終焉を迎えたとされております。また、梅花の歌は、家持の父親である大伴旅人が赴任地である大宰府で開催した「梅花の宴」で詠まれたものとされていますが、太宰府市は本市の友好都市であり、大きな縁を感じます。

本市では、大伴家持にちなんで「史都多賀城万葉まつり」や「大伴家持のつどい短歌大会」が例年10月初旬に開催されているほか、全国の万葉にゆかりのある自治体とともに「全国万葉故地サミット」を開催するなど、万葉をテーマに多彩な事業を展開しております。
この度の改元が、万葉ゆかりの地でもある本市の魅力を広く多くの皆様に知っていただく機会になればうれしく思います。

皇太子殿下が御即位される5月1日以降、新元号が用いられることとなりますが、この新元号に象徴されるように、市民の皆様が希望に満ち溢れた新しい時代となるよう、これからも市政の発展に向け、取り組んでまいりたいと思います。

 

多賀城市長 菊地 健次郎

 

▲このページのトップに戻る

お問い合わせ

市長公室政策秘書担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:217・218)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?