• たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

詩都つれづれ(平成25年10月~12月)

安倍総理大臣、多賀城市を視察

平成25年12月27日(金曜日)

安倍総理大臣が被災地の視察に来られました。本市では、「みやぎ復興パーク」(ソニー株式会社仙台テクノロジーセンター内)を視察され、小型電気自動車に試乗されるなど最先端の減災技術の研究成果を体感していただきました。

総理視察1 総理視察2

栃木県壬生町との災害時相互応援に関する協定締結式

平成25年12月25日(水曜日)

今回、東日本大震災を機に縁を深めた栃木県壬生町と「災害時相互応援協定」を締結しました。壬生町からは、震災復興事業の応援職員を派遣していただいているほか、本市で発生した震災廃棄物(木くず)を焼却処分していただくなど、東日本大震災からの復旧・復興に多大なる御支援をいただいております。

相手先の自治体と日頃から交流を重ね、お互いの地域の状況をよく理解することが、協定をより実効性のあるものにできるものと考えています。これを機会に様々な分野で交流を深めていければと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

壬生町協定締結

アサヒビール株式会社より復興支援事業目録贈呈

平成25年12月19日(木曜日)

アサヒビール株式会社の松隈東北総括本部長をお迎えいたしました。東日本大震災からの復興支援活動の一環として、昨年度に引き続き、寄付金300万円を寄贈していただいたものです。

この寄付金は、アサヒビール株式会社様の御意向により、文化芸術分野の事業に活用させていただきます。この度は本当にありがとうございました。

復興支援事業目録贈呈

「災害時における多賀城高等学校校庭の車両避難場所としての利用等に係る覚書」締結式

平成25年12月19日(水曜日)

多賀城高等学校と「災害時における支援協力(車両退避場所の提供)に関する覚書」の締結式が多賀城市役所で行われ、中村校長先生にお越しいただきました。

今回の覚書の締結は、東日本大震災時の状況を踏まえて、災害発生時の交通渋滞を緩和するため、校庭等への渋滞車両の退避を一時的に可能とするもので、「減災都市多賀城」を実現する大きな力となるものと確信しております。

「災害時における多賀城高等学校校庭の車両避難場所としての利用等に係る覚書」締結式

住みよいみやぎづくり功績者表彰伝達式

平成25年12月11日(水曜日)

この度、大代地区コミュニティ推進協議会と阿部豊子さんが「住みよいみやぎづくり功績者」として宮城県知事から表彰され、伝達式が行われました。大代地区コミュニティ推進協議会は、平成元年の設立以来25年間にわたり、コミュニティづくりのための各種事業の開催や地域内の清掃など、地域の絆づくりや環境の保全にご尽力いただいております。また、阿部豊子さんは地域の国際交流活動に貢献していただいております。今後とも、住みよいまちづくりのため、引き続きよろしくお願いします。

住みよいみやぎづくり功績者表彰伝達式1 住みよいみやぎづくり功績者表彰伝達式2

天童市ラ・フランス贈呈式

平成25年12月9日(月曜日)

天童市の山口果樹研究会青年部の皆様から、多賀城市内の保育所の園児たちにラ・フランスが贈られました。

天童市は多賀城市の友好都市で、平成25年7月の豪雨の際には市内の全世帯が一時断水するなど、大きな被害がありました。多賀城市では給水支援に駆けつけましたが、それに対する感謝の気持ちということでした。

東日本大震災の際には、多賀城市も天童市から多大なる支援をいただきました。これからも、交流を深めてまいりたいと思います。

天童市ラ・フランス贈呈式1 天童市ラ・フランス贈呈式2

天童市ラ・フランス贈呈式3

JA仙台多賀城支店ふれあいフェスティバル

平成25年12月1日(日曜日)

毎年恒例となっている「ふれあいフェスティバル」が、JA仙台たなばたけ多賀城支店前広場で開催されました。

トラックの荷台に山積みされた新鮮な野菜が格安で販売され、会場は大賑わいでした。新鮮でおいしい野菜をいただくことができること、そして、地域の生産者の皆さんのご努力とご協力に、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいになりました。

JA仙台多賀城支店ふれあいフェスティバル

減災シンポジウム「災害に強いまち 減災都市 多賀城を目指して」

平成25年11月28日(木曜日)

多賀城市文化センター小ホールにて減災シンポジウムを開催しました。東北大学災害科学国際研究所の平川所長に「災害の歴史から学ぶこと」と題した基調講演を行っていただき、過去の多賀城の津波浸水域の考察や、今後起こるであろう南海トラフ地震などについて大変興味深いお話しをしていただきました。

また、同研究所の今村副所長をコーディネーターとして、パネルディスカッションも行い、減災について様々な意見を出し合っていただきました。シンポジウムの最後に、減災都市宣言を行い、本市の今後の減災まちづくりの方向性に関する宣言を行わせていただきました。また、小ホールホワイエにて震災アーカイブ展を開催し、全国から寄せていただいた本市へのメッセージやグッズを展示し、訪れた人々に見ていただきました。ご支援に応えるためにも、必ずや復興を成し遂げ、多賀城から減災に関する知見を発信してまいりたいとの思いを強くしたところです。

減災シンポジウム災害に強いまち減災都市多賀城を目指して 減災シンポジウム災害に強いまち減災都市多賀城を目指して

減災シンポジウム災害に強いまち減災都市多賀城を目指して 減災シンポジウム~災害に強いまち減災都市多賀城を目指して~

減災シンポジウム~災害に強いまち減災都市多賀城を目指して~ 減災シンポジウム~災害に強いまち減災都市多賀城を目指して~

柏幼稚園園児カレンダー贈呈

平成25年11月27日(水曜日)

柏幼稚園の皆さんから、来年の干支である馬の貼り絵の手作りのカレンダーをいただきました。

いただいたカレンダーは、市長室の入り口に飾っており、毎朝出勤する度に目にし、今日も一日頑張ろうという元気をもらってます。

園児の皆さんとは楽しい話しで盛り上がり、時間を忘れてお話しさせていただきました。

柏幼稚園園児カレンダー贈呈 柏幼稚園園児カレンダー贈呈

JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典及び観光案内所開所式

平成25年11月17日(日曜日)

JR仙石線多賀城駅にて「JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典」が宮城県主催で開催され、宮城県三浦副知事や宮城県議会中村議長をはじめとする県関係者、地元国会議員の方々、関係各位の方々とともに、地元首長として出席してまいりました。JR仙石線の高架化と多賀城駅のリニューアルは本市悲願の事業でありましたので、市民の皆さんと喜びをともに分かち合うことができ、本当に嬉しく思います。式典では、テープカットや多賀城太鼓の演奏、むすび丸の来場など大変賑やかでした。多賀城駅の南口は、本市のアイデンティティーともいうべき古代多賀城政庁の南門をイメージしており、ここも多くの方々に見ていただければと思います。

また、式典後には、史都多賀城観光案内所開所式も開催されました。今後はここが多賀城の観光案内の顔となりますので、多くの皆さんに足を運んでいただき、散策していただきたいと思います。

 

JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典及び観光案内所開所式

JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典及び観光案内所開所式

 

JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典及び観光案内所開所式

JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典及び観光案内所開所式

JR仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了式典及び観光案内所開所式

新田浄水場閉鎖式並びに安全祈願祭

平成25年11月13日(水曜日)

新田浄水場にて、閉鎖式並びに安全祈願祭を開催いたしました。

新田浄水場は、第三次拡張事業により当時の厚生省より事業認可を受けたもので、昭和51年に完成し、平成17年まで稼働しておりました。しかし、近年の水需要の低下などもあり8年間休止状態でしたが、本市の災害公営住宅の建設用地とするため、この度解体することとなったものです。今年度中には解体工事が終わる予定であり、新田災害公営住宅が完成すれば48世帯が入居することができますので、一日でも早く完成するよう頑張ってまいりたいと思います。

新田浄水場閉鎖式並びに安全祈願祭 新田浄水場閉鎖式並びに安全祈願祭

多賀城市総合防災訓練

平成25年11月4日(月曜日)

三連休の最終日、関係団体のご出席のもと、多賀城市総合防災訓練を行いました。地震災害等における防災体制及び応急活動体制を検証・確認するとともに、市民の皆さんの防災意識の高揚を図ることを目的として開催したものです。こういった取組みを定期的に行い、災害の被害を極力減じられるよう頑張っていきたいと思いますので、関係各団体と市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

多賀城市総合防災訓練 多賀城市総合防災訓練

山王小学校開校140周年記念式典

平成25年11月2日(土曜日)

山王小学校は、多賀城で最も歴史の古い学校の一つとして、南宮、山王、新田、高橋の4ヵ村を学区に創立された「第一中学校区第27小学校区山王小学校」として明治6年7月に開校し、幾多の歴史を刻んできました。多賀城が村の時から、多賀城の発展とともに歩んできた山王小学校であり、一昨年の東日本大震災の時には、避難所として被災者の皆さんを受け入れていただきました。心から感謝申し上げたいと思います。

山王小学校開校140周年記念式典

岐阜県可児市長来庁

平成25年10月30日(水曜日)

岐阜県可児市 冨田市長をお迎えしました。東日本大震災後には物資支援をいただき、昨年からは土木職員の派遣をしていただいており、本日はその派遣職員の激励に来られました。心より感謝申し上げます。

岐阜県可児市長来庁 岐阜県可児市長来庁

復興庁中島事務次官との意見交換会

平成25年10月25日(金曜日)

復興庁の中島事務次官をお迎えし、今週の小泉復興政務官の来庁に引き続き意見交換を行いました。復興に向けて本市が抱えている問題点や課題等について聞いていただきました。

復興庁中島事務次官との意見交換会 復興庁中島事務次官との意見交換会

小泉復興政務官との意見交換会

平成25年10月22日(火曜日)

小泉復興政務官をお迎えしました。多賀城市役所に来られるのは、今回が2回目となりました。若くて元気な小泉進次郞さんは、とてもテキパキとして、気持ちの良い対応をしてくださいます。今回は復興政務官としての訪問で、多賀城のために御尽力いただければと思います。

小泉復興政務官との意見交換会 小泉復興政務官との意見交換会

第15回史都多賀城万葉まつり

平成25年10月13日(日曜日)

東北歴史博物館をメイン会場として第15回史都多賀城万葉まつりが開催されました。今年も、ソニー仙台FCの選手のけまりや、高崎中学校弓道部員の「射礼」(じゃらい)、多賀城工場地帯連絡協議会会員の方々の万葉行列参列など、市民の方々の参加が増えていることを嬉しく思います。今年は、サプライズで元横綱武蔵丸さんがおいでになり、こども達と記念撮影をしてくれてました。

第15回史都多賀城万葉まつり 第15回史都多賀城万葉まつり

第15回史都多賀城万葉まつり

全国史跡整備市町村協議会第48回大会

平成25年10月9日(水曜日)

全国史跡整備市町村協議会第48回大会が、沖縄県南城市で開催され出席してまいりました。昨年まで同協議会の会長を2期4年勤めましたが、この度、井上会長(太宰府市長)より、特別表彰をいただきました。文化財のまち多賀城として、今後も積極的に参加してまいりますので、本会関係者の皆様のご理解とご協力をお願いします。

全国史跡整備市町村協議会第48回大会

よくある質問

お問い合わせ

市長公室政策秘書担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:217・218)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?