ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

喜太郎稲荷神社

 江戸時代、八幡村の領主であった天童氏の守り神で、天童氏が出羽国天童城主だった頃、狐崎喜太郎という家臣が京都の伏見稲荷に参拝して神力を得、その後天童城下の守護神になるよう命ぜられ、この神社が創建されたといわれています。天童氏の移住とともに、この地に移設されましたが、天童市内にも喜太郎稲荷神社が3社残されています。

喜太郎稲荷神社の写真

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?