ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

六月坂地区の役所跡

 ここは、政庁から北へ約300mの位置にあり、行政的な仕事を行っていた場所と考えられています。平安時代の当初には、桁行7間×梁行4間の四面廂付建物が東西2棟並び、その前面に数棟の掘立柱建物が建っていました。その後、これらの建物を取り壊し、掘立柱建物や、礎石立ちの倉庫が建てられました。この他、鍛冶工房と推定される竪穴住居跡も見つかっています。このような建物群の北には東門と西門を結ぶ城内道路が通っており、その北側にも建物群や竪穴住居がありました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?