ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

伏石 (市指定文化財)

 弘安10年(1287)に建立された市内で2番目に古い供養碑で、西阿弥陀仏という僧を中心に、30人余りが力を合わせて碑を建てたことが刻まれています。
名前の由来については、伏せてあったこの碑を立て起こしたところ、市川に疫病が流行し、再び伏せたので伏石と呼んだとも、仙台藩主の鹽竈神社参詣の道筋にあたり、立っていた石を藩主に遠慮して伏せておいたからとも言われています。

伏石の写真

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?