ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

「つぼのいしぶみ」道標

 奈良にある墨専門店「古梅園」の当主松井和泉掾元泰をはじめ、頓宮仲左衛門、越後屋喜三郎らによって享保14年(1729)に建てられた道標です。これは初め、市川橋のたもとにあったもので、この道標が立つ場所から多賀城碑までの距離が記されています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?