ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

多賀城跡 (特別史跡)

 多賀城は、奈良・平安時代に陸奥国府が置かれたところで、奈良時代には鎮守府も併せ置かれました。神亀元年(724)、大野東人によって創建され、11世紀の中頃に終焉を迎えるまで、古代東北地方の政治・軍事の中心地として大きな役割を果たしました。
 大正11年多賀城廃寺跡とともに「多賀城跡附寺跡」として国の史跡に指定され、昭和41年には特別史跡に昇格しています。その後、館前遺跡、多賀城南面地域、柏木遺跡、山王遺跡千刈田地区が追加指定されています。
 多賀城は、規模が約900m四方で、周囲は築地塀で囲まれ、南・東・西に門が開いていました。ほぼ中央には、重要な政務や儀式を行う政庁があり、第Ⅰ期から第Ⅳ期までの4時期の変遷があります。さらに、城内の城前・作貫・大畑・六月坂・金堀・五万崎の各地区には実務を行う役所や工房、兵士の宿舎などが置かれていました。

多賀城跡の航空写真

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?