ホーム > くらし・手続き > 交通 > 交通安全 > 歩車分離式信号機を知っていますか

ここから本文です。

更新日:2017年2月28日

歩車分離式信号機を知っていますか

歩車分離式信号機とは

交差点での歩行者と車両の交通事故が多発しており、これを防止するために、歩行者と車両の通行を時間的に分離して、安全な空間の中で横断してもらうという歩行者の安全に配慮した信号機です。

詳しくは宮城県警察交通部交通規制課のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

どうして歩車分離式信号機なの?

警察では、平成14年1月から半年間、全国で100箇所の交差点をモデル運用し、その結果、人対車両の事故が半減し、歩行者の安全面で大きな効果が認められたほか、地域の方々や道路利用者からの意見でも、約7割の方が「安全性を高めるための導入に賛成」という結果もあり、交差点内の安全性を高め、多発する交通事故を減少させるため必要不可欠な対策として、整備が進められています。

注意することはある?

ドライバーは

  • 誤った見込み発進により信号無視しないよう車両用信号機を遵守し、運転してください。
  • 従来の信号機より待ち時間が長くなる場合もありますが、歩行者の安全確保と交差点内の安全性を高めるため、ご理解をお願いします。

歩行者は

  • スクランブル方式ではない歩車分離式信号機では、斜め横断はできません!信号を遵守し、横断歩道を横断してください。
  • 誤って、見込み発進する車両もありますので、左右の安全確認をして横断しましょう。
  • 車両の信号機にあわせて横断すると信号無視になります!歩行者用の信号機をよく見て横断してください。

歩車分離式信号機イメージ図

よくある質問

お問い合わせ

総務部交通防災課交通防犯係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:271・272)

ファクス:022-368-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?