ホーム > くらし・手続き > 防災・防犯 > 防犯 > 多賀城市防犯カメラの設置及び運用に関する条例

ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

多賀城市防犯カメラの設置及び運用に関する条例

多賀城市防犯カメラの設置及び運用に関する条例を制定しました

概要

防犯カメラは犯罪抑止に有用性がある一方、その設置方法によっては、個人のプライバシーが侵害されるおそれもあります。

こうしたことから、適正な防犯カメラの設置及び運用を図ることにより、公共の場所における市民などの権利利益を保護するため「多賀城市防犯カメラの設置及び運用に関する条例」を制定し、平成27年9月1日に施行しました。

条例では、市、商工会、町内会などの団体が公共の場所に向けて防犯カメラを設置しようとするときは、防犯カメラの設置及び運用に関する基準を定め、市長に届け出ることが必要となること、防犯カメラを設置している旨を表示しなければならないことなどを定めています。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部交通防災課交通防犯係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:271・272)

ファクス:022-368-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?